ロボット

ブレインラボの脳神経外科手術用「Curve2 ナビゲーションシステム」、薬事認証を取得

多機能画像誘導手術プラットフォーム

ブレインラボ株式会社(以下、ブレインラボ)は、次世代型脳神経外科手術用ナビゲーションシステム「Curve2 ナビゲーションシステム」の薬事認証を2021年6月17日に取得したことを報告しました。

ブレインラボの多機能画像誘導手術プラットフォームCurveは、手術室とソフトウェアを統合したデジタルサージェリーを実現するコネクテッドデバイスとして進化しました。

このナビゲーションシステムは、手術用顕微鏡とのIP接続による連動で拡張現実(AR)による重畳表示、外科用イメージ(CT/MR)や超音波画像診断装置とのIP接続による術中画像情報のシームレスな連携、手術計画用ソフトウェアBrainlab Elementsとネットワーク経由で連携することによる手術室内外でのシームレスなデータマネジメントと高度な治療計画に基づいた画像などによって、ナビゲーションをサポートします。

また、データに関しては、院内PACSやHIS、電子カルテ等システムへのデータアクセスが可能になり、Mixed Reality ビューワーの使用により複合現実(MR)で術前計画を確認することが可能。

さらに、Cirqロボティックアームを追加することにより、ロボット支援手術をサポートするとともに、EMトラッキングアドオンシステムの追加で、光学式・磁場式両方での使用ができます。

その他、外部機器との連動や、32インチ大型4Kディスプレイで、顕微鏡や内視鏡等の高精細画像の入出力にも対応することも特徴です。

先端的で非侵襲的な治療を目指した製品

ドイツのミュンヘンに本社を置くブレインラボは、ソフトウェアの技術や知識を駆使し、より先端的で非侵襲的な治療を目指した製品の開発に取り組んでいます。

同社では、多情報ガイド下の手術ナビゲーションシステム、放射線手術、高精度放射線治療、ORのデジタルインテグレーション、XR技術、知識や情報をビッグデータとして蓄積し活用する基盤の構成を製品開発の重点要件としています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ブレインラボ株式会社 プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000073157.html

関連記事

  1. メドトロニック 外科手術で使用する「Hugo™þ…

  2. SDKI Inc.がロボット支援手術システム市場に関するレポートを発刊…

  3. 眼内内視鏡・眼内照明保持ロボット「OQrimo®」を共同開発、製品化に…

  4. 毎年11%成長を予測。レポート「ロボット手術システムの世界市場2021…

  5. 医療用HAL、小型モデル追加に係る医療機器承認申請のお知らせ

  6. ヒューマノーム研究所、ロボット手術を東京医科歯科大学と共同研究

最近の記事

PAGE TOP