医療機器

SDKI Inc.が医療用ディスプレイ市場に関するレポートを発刊

2030年までの予測期間中に成長率4.6%に

SDKI Inc.が、医療用ディスプレイ市場の成長に必要な統計的や、分析的アプローチなどを調査した新レポート「医療用ディスプレイ市場 – 世界的な予測2030年」を、6月21日に発刊しました。

同レポートでイブリッド手術室の高い採用や、ディスプレイ支援の低侵襲手術に対する嗜好の高まりなどが、同市場の成長を促進すると考えられ、2022年から2030年までの予測期間中に成長率4.6%になると予想されています。

また、新興国の人口増加により今後数年間、医療機器や診断機器の需要が高まる予想もあり、同市場成長の推進要因になるとされました。

デジタルテクノロジーへの急速な移行などが成長をけん引

同市場は診断、外科/介入、歯科、そしてその他のアプリケーション(臨床レビュー、教育、会議、トレーニング)に分けられています。

特に外科/介入セグメントにおいては、低侵襲手術に対する嗜好の高まりや、ハイブリッド手術室ディスプレイの高い採用率などが要因となり、予測期間中に最大の成長率になると予想されました。

なお、地域別におけるラテンアメリカ地域では、政府のインセンティブプログラム、病院建設プロジェクト、そしてデジタルテクノロジーへの急速な移行などが市場成長をけん引し、予測期間中に最大の成長率になると考えられています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

SDKI Inc. Medical Display Market
https://www.sdki.jp/reports/medical-display-market/109524

SDKI Inc.のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000598.000072515.html

関連記事

  1. テクノスジャパン、服薬支援ツール「くすりコール・ライト」10月発売へ

  2. SDKI Inc.が関節鏡検査器具市場に関するレポートを発刊

  3. SDKI Inc.が人工呼吸器市場に関する新レポートを発刊

  4. うつ病向けVR共同研究にて、うつ改善と安全性を認める。ジョリーグッドが…

  5. 日立グローバルライフソリューションズが小型の隔離装置「陰圧クリーンブー…

  6. キヤノン、コロナ感染拡大防止を支援する「医療機関向け遠隔モニタリングパ…

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

PAGE TOP