IT

SDKI Inc.がヘルスケア相互運用性ソリューション市場に関する新調査レポートを発刊

2030年までの予測期間中に成長率12.9%に

SDKI Inc.が、「ヘルスケア相互運用性ソリューション市場 – 世界の業界分析、傾向、規模、シェア、および予測2030年」という新レポートを、5月26日に発刊したと発表しました。

同レポートでは、ヘルスケア相互運用性ソリューション市場が2022年から2030年までの予測期間中に、成長率12.9%になると予想。患者ケアを強化するための政府のイニシアチブの急増などが、同市場をけん引すると考えられています。

また、電子医療記録システムにおける医療システムの採用増加と、重要な技術との統合が、同市場の成長に貢献するとの予想もされました。

北米地域が予測期間中に大幅なシェアを占めるとの期待も

ヘルスケア相互運用性ソリューション市場はタイプ別、相互運用性レベル別、エンドユーザー別、そして地域別にセグメントが分けられ、さまざまな要因に基づきサブセグメントとしてさらに細かく分類されます。

地域別は北米、ヨーロッパ、アジア太平洋などとサブセグメントが分けられ、特に北米地域では2022年から2030年までの予測期間中に大幅なシェアを占めることの予想もされました。医療費の急増や、良質な医療提供への需要が高まっていることが要因だと考えられています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

SDKI Inc. Healthcare Interoperability Solutions Market
https://www.sdki.jp/

SDKI Inc.のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000474.000072515.html

関連記事

  1. ネオキャリア、オンライン受療支援サービス「おうちドクター」の提供を開始…

  2. メドピアが10月から退院支援サービス「YoriSoi」の提供を開始へ

  3. アドバンスト・メディア、医療向け音声入力システムに新機能「声マウス」を…

  4. オンライン診療/服薬指導ツール「SOKUYAKU 」、来店予約機能提供…

  5. 3Hクリニカルトライアルが臨床試験紹介システムを開発・運用開始

  6. 高速応答FAQ「Helpfeel」、サイト「在宅がんウィット」が導入

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

PAGE TOP