医療機器

植物由来の模擬臓器「VTT」のKOTOBUKI Medical、約8000万円を調達

『VTT』の製品量産体制構築や新製品開発が目的

KOTOBUKI Medical株式会社は、2021年5月28日、第三者割当増資による約8000万円の資金調達を実施したと発表しました。

同社は、植物由来の手術トレーニング用模擬臓器『VTT(Versatile Training Tissue)』の開発・製造を行う企業。今回の資金調達は、『VTT』の製品量産体制構築や新製品の開発を目的として実施されています。

手技を行った際の反応をリアルに再現

『VTT』は、縫合/結紮/切開といった手技を行った際の反応をリアルに再現したトレーニング用模擬臓器です。コンニャク粉を主成分としているため、電気メスといった発熱するエネルギーデバイスを用いた手術にも対応。従来のシリコン製やプラスチック製の模擬臓器では困難だったトレーニングも、可能にしています。

『VTT』はまた、トレーニングの実施後は一般の生ごみとして処理することができ、使用する場所を選ばないのも大きな特徴です。未開封であれば長期間の常温保存も可能であり、豚などの生体の代替品として倫理面・衛生面・コスト面で優れた特性を持っています。

設備投資や人材採用を積極的に行う

同社は『VTT』について、医療ロボットでの基本手技習得に最適なモデル『VTT RBT TYPE』や、電気メスなどによる熱拡散を可視化するモデル『VTT RBC TYPE』などを展開。国内外から注目を集めており、『VTT』を扱った学術論文も公開され始めています。

今回の資金調達により同社は、製品量産体制を構築して『VTT』の注文増加に対応すると共に、新製品開発のために設備投資や人材採用を積極的に行うとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

約8000万円の資金調達を実施しました – KOTOBUKI Medical株式会社
https://kotobukimedical.com/

手術トレーニング用模擬臓器のKOTOBUKI Medical、約8000万円の第三者割当増資を実施 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

関連記事

  1. アルケア、気管内チューブ固定具など6製品の国内独占販売権を取得

  2. キヤノン、コロナ感染拡大防止を支援する「医療機関向け遠隔モニタリングパ…

  3. 国立がん研究センターとNECが共同開発の「WISE VISION 内視…

  4. リードテックジャパン、台湾製のパルスオキシメータ「8D01B」を5月中…

  5. SDKI Inc.が新レポート「呼吸器吸入器市場 – 世界…

  6. 医療機器の場所がわかる。メディカルバイオサイエンス、「forista …

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

アーカイブ

PAGE TOP