AI

富士フイルム、医療クラウドサービスを開始

AIプラットフォームのアプリケーションをクラウドで提供

富士フイルム株式会社(以下、富士フイルム)は、富士フイルムメディカル株式会社を通じて、医師の画像診断ワークフローを支援するAIプラットフォーム「SYNAPSE SAI viewer」のアプリケーションをクラウドで提供する「医療クラウドサービス」を、2021年5月12日に開始することを発表しました。

「医療クラウドサービス」の第1弾として、2020年6月に発売した「肺結節検出機能」と「肺結節性状分析機能」を提供します。

「医療クラウドサービス」は、ユーザー登録の上、専用ポータルサイト上で利用したい機能やソフトウェアを選択するだけで簡単にそれらを利用できるサービスです。

「SYNAPSE」からクラウドサーバーにアップロードされた画像に対し、選択した画像診断支援機能の解析が行われ、その結果を「SYNAPSE SAI viewer」で参照することが可能です。

肺結節検出機能などの画像診断支援機能が使いやすく

今回、クラウドで提供を開始した「肺結節検出機能」は、AI技術を活用して開発した、胸部CT画像から肺結節の候補を自動検出する画像診断支援機能であり、「肺結節性状分析機能」は、医師が確定した肺結節について、医師の所見文作成を支援する機能となります。

これらの機能は、富士フイルムの医用画像情報システム「PACS」、「SYNAPSE」および、AIプラットフォーム「SYNAPSE SAI viewer」を導入している施設で利用することができます。

AI技術を活用した機能・ソフトウェアが導入

富士フイルムは、AI技術ブランド「REiLI」のもと、医療画像診断支援、医療現場のワークフロー支援、そして医療機器の保守サービスに活用できるAI技術の開発を進めるとともに、医療機関にとって最適な提供方法・利用環境を実現することを目指しています。

すでに、AI技術を活用して開発した複数の機能・ソフトウェアが国内外の多くの医療機関に導入されており、臨床現場での活用が進んでいます。

今後、「医療クラウドサービス」は、「SYNAPSE SAI viewer」向けの画像診断支援機能に加えて、同社の3次元画像解析システムや医療機器向けオプション機能など、提供する機能・ソフトウェアを順次拡張していきます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

富士フイルム株式会社 プレスリリース
https://www.fujifilm.com/jp/ja/news/list/6526

関連記事

  1. 脳出血の診断を支援。医用画像解析AI「EIRL Brain Segme…

  2. AIのFRONTEO、内閣府のAIホスピタルシステム構築プログラムに協…

  3. FRONTEOとシミックがパートナーシップを締結、AI医療機器の臨床試…

  4. 帝京大学研究グループら、生活習慣病因子の因果関係を推定できるAIを開発…

  5. シーメンスヘルスケア、眼科画像AI診断支援サービスのDeepEyeVi…

  6. FRONTEOが「骨折スクリーニングAIプログラム」の開発を開始

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

アーカイブ

PAGE TOP