IT

ミマモルメ、遠隔で健康見守り可能なデバイス「ミマモルメウォッチ」を7月に発売

健康状態を一括で自動測定・送信

株式会社ミマモルメは、拡大するヘルスケア需要に対する新たなサービス「健康ミマモルメ」を開始し、対応するデバイスとして、遠隔で健康見守り可能な「ミマモルメウォッチ」を2021年7月から提供することを発表しました。

「ミマモルメウォッチ」は、皮膚温度・心拍数・血中酸素レベル・推定血圧・GPSによる位置情報を一定間隔で自動測定し、本体に内蔵したLTE対応のSIMカードで送信することにより、体調異常や着用状況などを遠隔で見守ることができます。

スマートフォンを使用せずに、工場や建設現場における熱中症リスクのモニタリングや、装着者の安全確認、出退勤状況や歩数による活動量の把握ができるほか、事前登録した電話番号に自動でつながるSOS機能も搭載しています。

また、遠方の家族の健康を見守ることができるデバイスとして活用し、「ミマモルメウォッチ」を通じての通話やSMSが可能です。

従業員や離れた家族の体調管理と安全確認

ミマモルメでは、子どもたちの登下校・登降園をお知らせするサービス「登下校メール」や「登降園ミマモルメ」、町中の検知箇所の通過履歴を確認できる「まちなかミマモルメ」などを提供しています。

そして、今回、健康見守りサービス「健康ミマモルメ」の関連商品として、「ミマモルメウォッチ」を開発、また、高精度かつ正確、迅速に検温する「AI 検温ミマモルメ mini」、さらに顔を検知する機能も搭載した「AI検温ミマモルメ」を提供します。

同社では、これらの製品によって、従業員や離れた家族の体調管理や安全確認など様々な見守りの負担軽減に寄与し、社会課題の解決に貢献していきます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社ミマモルメ プレスリリース
https://www.hanshin-anshin.jp/

関連記事

  1. シェアメディカル、聴診可能なオンライン診療システム「ネクステート・シナ…

  2. コニカミノルタ、個別化医療に向け精密診断プラットフォームをグローバル展…

  3. 医療相談アプリ、群馬県・上野村の200世帯に導入

  4. アルム、広島大学・札幌医科大学とてんかん診療遠隔脳波診断支援の共同研究…

  5. アルムが医療関係者間コミュニケーションアプリにWeb会議機能を搭載

  6. ファストドクター、新型肺炎の自宅療養患者にパルスオキシメーターを無償貸…

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

PAGE TOP