IT

アトピー画像共有アプリ「アトピヨ」、毎月15日にユーザーヒアリングを開催へ

アプリ開発の加速を目的として開催

アトピヨ合同会社は、2021年4月20日、同社が展開しているアトピー患者向けアプリ『アトピヨ』において今後、毎月15日にユーザーヒアリングを開催すると発表しました。

『アトピヨ』は、画像投稿によりアトピー特有の皮膚症状を匿名で記録・共有できるアプリ。ユーザーヒアリングは、アプリ開発の加速を目的として開催されます。

アトピーの「見える化」を推進

『アトピヨ』は、アトピーの「見える化」を推進することで症状の悪化をコントロールするアプリとして、元アトピー患者の手により開発されました。

同アプリでは、文字だけでなく画像でもアトピーの症状を記録することで、早期回復を支援。写真は、手・顔・ごはん・薬などを撮るだけで簡単に記録することができ、公開画像は「赤み」「カサカサ」あるいは薬の名前といったキーワードでの検索が可能です。アトピー仲間と症状の悩みを共有できるのも、大きな利点となっています。

2018年7月のリリース以後、同アプリは国内の7つの賞を獲得。2021年4月の時点で、ダウンロード数は17000に達しています。

投稿画像が30000枚を突破したことに伴い、開催決定

今回開催発表された『アトピヨ』のユーザーヒアリングは、同アプリの投稿画像が2021年4月19日の時点で30000枚を突破したことに伴い、決定されたものです。より使いやすいアプリ開発を目指し、毎月15日に音声SNS『Clubhouse』などでヒアリングを行うとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

アトピヨ – アトピヨ合同会社
https://www.atopiyo.com/

アトピー患者向けアプリ『アトピヨ』、毎月15日にユーザーヒアリングを開催 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p

関連記事

  1. 医療機関をサイバー攻撃から守る「Ryobi-MediSec」提供開始

  2. 医療相談アプリ「LEBER」、新型コロナワクチンの副反応に関する相談機…

  3. 「kakari for Clinic」で「オンライン診療機能」を本格的…

  4. アドバンスト・メディアが医療向け音声入力高性能ハンドマイクの販売を開始…

  5. オンライン診療アプリ「UMed Healthcare」、都の一部で提供…

  6. 容易にオンライン診療を開始できる「SOKUYAKU ASP」提供開始

最近の記事

PAGE TOP