医療機器

インジケーター自動検査アプリ「クラウドインジケーター」、各メーカーに対応

メーカーを問わず利用することが可能に

DataHax株式会社は、2021年2月28日、インジケーター検査アプリ『クラウドインジケーター』の各メーカー対応版をリリースしたと発表しました。

『クラウドインジケーター』は、医療機器用の滅菌判定インジケーターから滅菌の度合いを計算できるアプリ。今回のリリースにより同アプリは、メーカーを問わず利用することが可能になっています。

画像処理技術を利用して、変色を自動で計算

医療現場では、医療機器の滅菌確認に際してインジケーターを利用しています。このインジケーターは、変色の状態から滅菌の度合いを知ることができるというものです。しかし多くの医療現場では、このインジケーターの確認・記録を目視と紙を用いて実施しており、ヒューマンエラーや管理コストという課題を生んでいました。

『クラウドインジケーター』は、このインジケーターの確認・記録を自動で行うアプリです。同アプリでは、画像処理技術を利用してインジケーターの変色を自動で計算。またそのデータをクラウド上に保管することで、ヒューマンエラーの防止や管理コストの低減を実現しています。

便利に利用できるアプリとして、機能を充実

これまで『クラウドインジケーター』は、特定のメーカーのインジケーターにのみ対応していました。今回の各メーカー対応版リリースは、この課題を解消すべく実施されています。

DataHax株式会社は『クラウドインジケーター』について、滅菌処理が発生する医療現場に加えて、インジケーター検査/記録を専門とする事業者にとっても有益なアプリであると自負。今後も便利に利用できるアプリとして、機能を充実させるとしています。

(画像はDataHax株式会社の公式ホームページより)

▼外部リンク

DataHax株式会社
https://datahax.jp/

インジケーター検査アプリ『クラウドインジケーター』各メーカー対応版をリリース – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

関連記事

  1. SDKI Inc.がビデオ喉頭鏡市場に関する新レポートを発刊

  2. 医療機器のスムーズな開発を目指し「メディカべ」とベテルがコラボ

  3. 市場調査レポートのREPORT OCEAN、世界の電子医療機器市場を分…

  4. ドレーゲルジャパン、筋弛緩モニタ「ToFscan」の取り扱いを開始

  5. LGエレクトロニクス、高解像度の医用モニター10モデルを提供

  6. SDKI Inc.が心臓血管デバイス市場に関する新レポートを発刊

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP