医療機器

堀場製作所、自動血球計数CRP装置「Microsemi CRP LC-767G」を欧州に展開

欧州で使用されている特殊採血管に対応

株式会社堀場製作所(以下、堀場製作所)は、自動血球計数CRP装置の欧州向けモデル「Microsemi CRP LC-767G」を開発し、2021年3月より販売開始することを発表しました。

自動血球計数CRP測定装置は、白血球などの血球成分を測定する血球計数と炎症の指標となるCRP(C反応性たんぱく)濃度を同時に測定、検査結果を即時に提供できることから、臨床医による即時診断の支援と早期治療に貢献しています。

今回販売する欧州市場向けモデル「Microsemi CRP LC-767G」は、欧州で使用されている特殊採血管に対応させ、ドイツ規制に対応するためOperator ID(OID)の入力・管理機能を追加しています。

また、従来品である「CRP LC-667G」の性能・機能を引き継ぎ、18μℓという微量血量で負荷が少なく、タッチスクリーン操作の利便性などを提供しています。

血球計数とCRP濃度を同時測定

堀場製作所は、1998年に、血球計数とCRP濃度を同時測定する血球計数CRP測定装置を開発し、診療所や開業医小児科において、乳幼児など症状を伝えられない患者の診察や、肺炎など高齢者が重症化する可能性がある病状の早期発見、薬の処方判断などに活用されています。

今回欧州に展開した製品と同等の「Microsemi CRP LC-767」シリーズは、従来モデルである「Microsemi CRP LC-667シリーズ」と比較して、装置内部構造の見直しや部品点数の削減により、設置面積を約20%削減し、質量も16キログラムと約16%軽量化されています。

診察室の5Sと言われる整理・整頓・清掃・清潔・躾の改善により、快適・安全な環境づくりに貢献しており、また、電子カルテに対応し、病診連携の効率化や診療記録の省力化に貢献しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社堀場製作所 プレスリリース
https://www.horiba.com/

関連記事

  1. SDKI Inc.が関節鏡検査器具市場に関するレポートを発刊

  2. 医療機関用災害対策システム「Smart DR」に「職員健康管理機能」が…

  3. 微量の血液で生活習慣病を遠隔診断。「AMI指先採血キット」、提供開始

  4. SDKI Inc.が新レポート「世界の凝固分析装置市場 –…

  5. オリンパス、朝日インテックとガイドワイヤ「Fielder18」の独占販…

  6. テクノスジャパン、服薬支援ツール「くすりコール・ライト」10月発売へ

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

PAGE TOP