IT

アドバンスト・メディア、医療向け音声入力システムに新機能「声マウス」を追加

「AmiVoice Ex7」に音声認識機能を追加

株式会社アドバンスト・メディア(以下、アドバンスト・メディア)が、医療向け音声入力システム「AmiVoice(C) Ex7(アミボイス イーエックスセブン)」に新機能「声マウス」を追加したと、1月20日に発表しました。

「声マウス」はオプション機能となっており、カーソルを動かしたりクリックしたりと、声で画面操作が可能です。

カルテやレセプト、リハビリなどの各種指導の作成、処方箋の作成、予約一覧の呼び出しなども行えるため、医療現場の効率化に寄与します。

「AmiVoice OAM」に続く音声認識RPA機能

アドバンスト・メディアは2020年12月に、医療向けの音声認識RPAサービス「AmiVoice OAM(アミボイス オーエーエム)」をリリースし、対面診療・オンライン診療における診察記録・電子カルテの入力業務などを効率化させています。

「声マウス」は「AmiVoice OAM」に続く音声認識RPAサービスで、作業効率を改善するだけでなく、人為的ミスの削減にも貢献します。

料金は初期費用が税抜き15,000円、月額利用料が税抜き1,500円です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社アドバンスト・メディア プレスリリース(1月20日)
https://www.advanced-media.co.jp/newsrelease/19490

株式会社アドバンスト・メディア プレスリリース(12月17日)
https://www.advanced-media.co.jp/newsrelease/19333

関連記事

  1. LINEがオンライン診療サービスの現在の認知率や利用率、今後の流行予想…

  2. NEC、オンライン診療やデジタル問診などの医療クラウドサービス提供

  3. SDKI Inc.が世界の手術器具追跡システム市場に関するレポートを発…

  4. オンライン診察のネクストイノベーション、ネクイノに社名変更。20億円も…

  5. てんかん診療のICTサポートアプリ「nanacara」がリリース1周年…

  6. FRONTEOが「会話型 認知症診断支援AIシステム」の臨床試験を開始…

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

PAGE TOP