IT

医療相談アプリ「LEBER」の累計利用者数が約13.9万人に

2019年末比で累計利用者数がおよそ14倍に

株式会社リーバーの医療相談アプリ「LEBER」の2020年末における累計利用者数が、2019年末比でおよそ14倍になったことを、同社が1月15日に発表しました。

新型コロナウイルスの感染拡大により「LEBER」だけでなく、教育機関向けの「LEBER for School」や、ビジネス向けの「LEBER for Business」に対する需要が高まり今回、2020年末における累計利用者数が、2019年末の9,946人から138,874人と、およそ14倍になっていることが分かりました。

また登録医師数は、2019年末に100人以上だったのに対し、2020年末は300人以上まで増加しています。

茨城県内などを中心にオンライン医療相談を無償提供

「LEBER」の各アプリにおいては2020年に、「出欠席連絡機能」や「体温チェック画面の多言語化」などを実装しており、コロナ禍においても利用者の健康維持に寄与するシステムになっています。

また、2020年4月から9月まで茨城県内などを中心とした住民には、オンライン医療相談を無償で提供。茨城県つくば市、つくばみらい市の公立小中学校の学童・生徒へ向けて、6月からは体温・体調チェック機能の提供を開始しました。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社リーバー
https://www.leber.jp/index.html

株式会社リーバーのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000088.000033619.html

関連記事

  1. レセプト審査から被保険者への介入までをワンストップで

  2. AMIが遠隔医療支援システム『クラウド超診®︎』をリリース

  3. Medii、昨年拡大した日本ベーリンガーインゲルハイムとの連携を更に強…

  4. 〜高血圧症治療の第一選択である生活習慣修正をトータルサポート〜「アプリ…

  5. 容易にオンライン診療を開始できる「SOKUYAKU ASP」提供開始

  6. ニプロとNTTドコモなど、新城市で5Gによる遠隔診療・リハビリ指導の実…

最近の記事

PAGE TOP