IT

アナムネ、新オンライン診療プラットフォームで最寄り薬局での受け取りが可能に

患者・診療機関・薬局店舗それぞれに大きなメリット

株式会社アナムネ(以下、アナムネ)は、提供中のオンライン診療プラットフォームをバージョンアップさせ、2021年1月14日より「Anamneオンラインクリニックプラットフォーム」として提供を開始しました。

2020年5月1日から提供していたオンラインクリニックプラットフォームは、診療も服薬指導もオンラインで完結し、郵送で自宅に処方薬を届けるワンストップ完結型のオンライン診療プラットフォームでした。

今回リニューアルした「Anamneオンラインクリニックプラットフォーム」は、院外処方型の病院およびクリニックでのオンライン診療をサポートするオンライン診療システムとして、患者、診療機関、薬局店舗それぞれがオンライン診療のメリットをさらに享受できるようになっています。

患者のメリットとしては、このプラットフォームを利用することで、対面診療であった事前予約、病院・クリニックに行くための準備や移動時間、受診前の待ち時間などがなくなったため、患者の生活に負荷をかけることなく受診することができます。

オンラン診療の予約時に、保険証の確認、問診票の入力、最寄り薬局の選択を行うので、予約時間にすぐにオンライン診療を受けることができ、完了後に登録した薬局店舗に行ってスムーズに薬を受け取ることができます。

現在1647店舗にて薬の受け取りが可能

そして、診療機関のメリットとしては、院外処方をベースとしているため、これまでの対面診療でも院外処方で運営されている診療機関が導入しやすいものになっていることです。

また、登録する診療機関が連携薬局店舗ネットワークを利用できるようになり、そのため利用者が居住地を変更しても、これまでの医療サービスを受けることが可能です。

さらに、薬局は、これまでのオンライン完結型サービスでは、通常業務フローと異なるオンライン服薬指導が必要であったり、薬の配送に手間が増えたりするなどの課題がありましたが、新プラットフォームでは、既存の店舗オペレーションを阻害することなく、オンライン診療に関する業務負荷を極力低減することが可能となります。

2021年1月14日現在で、ウエルシア薬局、アイセイ薬局、ファーマシィ薬局を含めた1647店舗にて薬の受け取りが可能となっています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社アナムネ
https://anamne.com/

関連記事

  1. メロディ・インターナショナル、第三者割当増資で約1.6億円を調達

  2. Medi-LXが看護師向けスライド共有サービスをリリース

  3. コントロールテクノロジー、「RESERVA」に「接種券番号での対象者検…

  4. ソフトバンクら、5Gでインプラント手術の遠隔支援に成功

  5. がんスクリーニング検査miSignal®︎ 医療機関向けサイトがリニュ…

  6. 認知行動療法アプリ「Awarefy」、企業のメンタルヘルス向上にも貢献…

最近の記事

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

PAGE TOP