AI

AIが診察付き添いを支援。「Patient Illness History」、β版提供を開始

患者側の理解促進をAIにより支援

Third Way株式会社は、2020年12月27日、AI活用サービス『Patient Illness History』のβ版提供を開始しました。

『Patient Illness History』は、女性のヘルスケアにまつわるプロダクト事業として、同社が展開するサービス。病状・治療などに関する説明について、患者側の理解促進をAIにより支援するサービスとなっています。

医療関係者との適切なコミュニケーションも促進

今般のコロナ禍により、病院を受診することは大きな制限を受けることになりました。こうした状況において、医師が言うことを患者自身が理解できないといったケースが、課題になりつつあります。医師に質問したくても、何をどう訊けばいいかわからないという人も、現実には少なくありません。

こうした状況に対応すべく、『Patient Illness History』は開発されました。同サービスでは、同社が開発した技術により、人とAIの融合を推進。また電話やSNSの通話機能を使い、専門スタッフがリモートにて病気に取り組む患者自身の意思決定を支援します。同時に、医療関係者との適切なコミュニケーションも促進するとのことです。

納得の行く治療を進めることができる

『Patient Illness History』の具体的なサービスとしては、診察室での診察内容を代理記録すると共に、AIが専門用語を翻訳・要約します。またAIは、患者ごとのサマリーも記録・保管。AIとネット環境の活用により、いわば診察室への付き添いをオンラインで実現するようなサービスとなっています。

同社は今後『Patient Illness History』を通じて、医療関係者と共に納得の行く治療を進めることができるよう、患者を支援するとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

Third Way株式会社
https://thirdway4914838.wordpress.com/

AIを活用したサービス『Patient Illness History』リリ―ス – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/

関連記事

  1. FRONTEO、AI医療機器「会話型認知症診断支援システム」の治験を開…

  2. Ubieの「AI受診相談ユビー」、月間利用者数が100万人以上に

  3. AI管理栄養士が健康を管理する「カロママ プラス」、体温管理機能をリリ…

  4. FRONTEO「会話型 認知症診断支援AIシステム」で被験者と医師の会…

  5. AIがメンタルを支援するアプリ「emol」、京都市の公民連携事業に採択…

  6. 処方箋読取サービス「mediLab AI」、読取精度などを学会発表

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

PAGE TOP