IT

イーピーエス、「オンライン診療」活用のバーチャル治験推進に関するセミナーを開催

「オンライン診療」によって治験をバーチャル化

イーピーエス株式会社(以下、イーピーエス)が12月2日に、「オンライン診療」を活用したバーチャル治験推進に関するウェブセミナーを開催したと、12月24日に発表しました。

同セミナーは、「オンライン診療を活用したバーチャル治験の推進」をテーマに開催されたもので、被験者が施設に来院せずに行える治験を実現するため、「オンライン診療」が取り上げられました。バーチャル臨床試験システム「MiROHA(ミロハ)」や、同システムの導入に向けたEPS「Virtual Go」のサポート事例などが紹介されています。

ビデオ通話機能&eSource機能を搭載したシステム

「MiROHA」は国内初の臨床開発向けデジタルソリューションシステムで、ビデオ通話機能&eSource(Electronic Source Data)機能を搭載。対面診療での行為を一部オンライン診療にすることができるほか、専門評価者が有効性の中央評価を実施することも可能です。

これによって、臨床試験における被験者の通院回数を減らしたり、幅広い患者の治験参加などができたり、様々なメリットが生まれると考えられています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

イーピーエス株式会社 プレスリリース
https://www.eps.co.jp/ja/other/news/2020/20201224.html

関連記事

  1. ツインデミックを回避。AIを活用した「感染症予報サービス」、提供開始

  2. オンライン診察のネクストイノベーション、ネクイノに社名変更。20億円も…

  3. 医療相談アプリ「LEBER」の累計利用者数が約13.9万人に

  4. バッファロー、神戸協同病院のコロナ病棟に遠隔診療向けカメラを導入

  5. ドクターメイト、オンライン医療相談サービスを88の介護事業所に提供

  6. コントロールテクノロジー、「RESERVA」に「接種券番号での対象者検…

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

アーカイブ

PAGE TOP