AI

アナウトが第三者割当増資を実施、外科医療手術支援AIシステムの開発を推進

外科医療手術支援AIシステム「人体の地図」

アナウト株式会社(以下、アナウト)が、Beyond Next Ventures株式会社を引受先とする第三者割当増資を実施、外科医療手術支援AIシステム「人体の地図(Precision Mapping)」の開発を更に進めていくと、12月15日に発表しました。

「人体の地図」は外科医自身が開発しており、手術中の外科医の目に映るものを、AIが自動解析して臓器などを分かりやすく表示するAIシステムです。外科医の「認識」・「判断」をサポートして、「技術向上」や「手術時間の短縮」、「手術合併症」などの減少に寄与します。

臓器のゆがみなどのマッピング情報をリアルタイム表示

「人体の地図」では、大量のAIの学習データ(教師データ)を基に手術画像を解析。それぞれの患者の差異や臓器のゆがみなどのマッピング情報をリアルタイムに表示することで、手術中の外科医の視覚・認識をサポートして、より安全かつ効果的に施術できるようにします。

同AIシステムによって手術中の外科医のサポート・負担軽減のほか、名医の技術継承のツールとして活用でき、手術ロボットの進化にも貢献していきます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

アナウト株式会社
https://anaut-surg.com/

アナウト株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000063564.html

関連記事

  1. FRONTEOがAI医療機器における秘密計算の技術開発を開始

  2. みらい翻訳、医療従事者向けAI翻訳サービスを提供へ

  3. 「EndoBRAIN-EYE」機能強化版、薬機法の一部変更承認を取得

  4. FRONTEO「会話型 認知症診断支援AIシステム」で被験者と医師の会…

  5. 調和技研、北海道大学・NTT東日本とAI病理画像解析の共同研究を実施

  6. エイトス、医療機関向けのwebサービス「AI受付コンサルタ」をローンチ…

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

PAGE TOP