AI

アナウトが第三者割当増資を実施、外科医療手術支援AIシステムの開発を推進

外科医療手術支援AIシステム「人体の地図」

アナウト株式会社(以下、アナウト)が、Beyond Next Ventures株式会社を引受先とする第三者割当増資を実施、外科医療手術支援AIシステム「人体の地図(Precision Mapping)」の開発を更に進めていくと、12月15日に発表しました。

「人体の地図」は外科医自身が開発しており、手術中の外科医の目に映るものを、AIが自動解析して臓器などを分かりやすく表示するAIシステムです。外科医の「認識」・「判断」をサポートして、「技術向上」や「手術時間の短縮」、「手術合併症」などの減少に寄与します。

臓器のゆがみなどのマッピング情報をリアルタイム表示

「人体の地図」では、大量のAIの学習データ(教師データ)を基に手術画像を解析。それぞれの患者の差異や臓器のゆがみなどのマッピング情報をリアルタイムに表示することで、手術中の外科医の視覚・認識をサポートして、より安全かつ効果的に施術できるようにします。

同AIシステムによって手術中の外科医のサポート・負担軽減のほか、名医の技術継承のツールとして活用でき、手術ロボットの進化にも貢献していきます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

アナウト株式会社
https://anaut-surg.com/

アナウト株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000063564.html

関連記事

  1. 医療AIビジネスの最新動向・展望を知るセミナーを開催

  2. 千葉大発の医療ベンチャー、脳卒中AI予測診断の研究論文が英科学誌に掲載…

  3. アドダイス、医療用AI「ResQ AI」のクラウドファンディングで30…

  4. AI搭載の内視鏡画像診断支援ソフトウェア「EndoBRAIN」シリーズ…

  5. 富士フイルム、医療クラウドサービスを開始

  6. AI歩行分析アプリ「Sportip Pro」、側面からの分析機能を追加…

PAGE TOP