AI

胸部X線画像の読影診断を支援するEIRL Chest Screening、感度優先/特異度優先の選択ができる新モデルを発売

エルピクセル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:鎌田富久)は、胸部X線画像の読影診断を支援するEIRL Chest Screeningについて、ユーザーである医師が読影の習熟度や活用シーンに応じて感度優先/特異度優先の2つから選択出来る新モデルを発売したことを発表しました。

EIRL Chest Screeningは、胸部X線画像から肺結節、浸潤影、無気肺、間質性陰影の候補域を検出するEIRL Chest XRと、胸腔内の空気含有面積・肋骨横隔膜角・心胸郭比・縦隔幅・大動脈弓径を自動計測するEIRL Chest Metryの2つのソフトウェアを組み合わせた製品です。製品発売以来、クリニックから大規模健診施設まで幅広く導入され、医師のワークフローを阻害することなく、読影診断における物理的・心理的負担を軽減を目指してきました。発売後も、医師のニーズに合わせて、精度改善や機能追加など複数回のバージョンアップを行ってきたことも本製品の特長です。
今回の新モデルでは、医師の読影習熟度や時間の制約がある中で大量に読影しなければならない等の活用シーンに応じて、感度優先/特異度優先の二つからAIモデルを選択できる機能が追加されました。AIモデルの選択が可能となることで、医師一人一人や多様なユースケースに応じた最適な支援の実現を目指すとしています。

関連記事

  1. AIを用いた医療機器検査が正式な技術区分で保険収載【新機能・新技術区分…

  2. 症状検索エンジン「ユビー」の月間利用者数が500万人を突破

  3. 医療AIカンパニーMG-DX、薬剤師の対人業務をサポートする次世代薬局…

  4. アボット、AI搭載の循環器OCT画像診断装置用ソフトウェア「Ultre…

  5. FRONTEO、転倒転落予測AIシステム「KIBIT Coroban」…

  6. FRONTEOが「骨折スクリーニングAIプログラム」の開発を開始

最近の記事

PAGE TOP