AI

パートナーのアプリケーションをEIRLプラットフォームに搭載し医療機関に提供する「EIRL AI パートナープログラム」を開始

2024年1月17日、エルピクセル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:鎌田富久、以下「エルピクセル 」)は、パートナーのアプリケーションをEIRLプラットフォームに搭載し様々な画像解析ソフトウェアを医療機関に提供する「EIRL AI パートナープログラム」を開始したことを発表しました。

「EIRL AI パートナープログラム」は、医療AIベンダー等のパートナー各社が、自社のアプリケーションを画像診断AI「EIRL」のプラットフォームに搭載することで、導入のハードルを下げ、手軽に医療機関に提供できるプログラムです。エルピクセルは、AI画像診断支援ソフトウェア分野での医療AIフロントランナーとして、画像診断AI「EIRL」シリーズにおいて、単純X線・CT・MRI・内視鏡画像診断支援に関する複数の製品を上市しており、現在、630施設以上に導入されています。また、自社で製品企画〜データ収集〜開発〜薬事〜販売まで行うことができるエルピクセルのノウハウを活かし、パートナーのアプリケーション連携だけではなく、QMS(2等の医療機器開発体制構築や、薬事承認・認証取得のサポートを提供します。これにより、販売・開発体制を持たない大学病院等の研究機関や、医療機器業界以外のAIベンダー等の医療機器業界の参入を支援します。

スキーム例について
パートナーのアプリケーションをEIRLと接続することで、医用画像情報をPACSを通じて解析できます。その後、解析結果をPACSもしくはビューワーに返すことで、医療機関が各アプリケーションの解析結果を見ることができます。

パートナー対象者
医療AIベンダー、医療機器業界に参入したい他業種のAIベンダー、大学病院などの研究機関、製薬企業 等

パートナーのメリット
既にEIRLが導入されている医療機関へ、初期費用なしで導入が可能

通常、医療機関へのAI医療機器の導入はPACSへの接続費用が必要です。しかし、既にEIRLが導入されている施設に関しては、その費用無しでパートナーのアプリケーションを導入することができます。また、EIRLは630施設以上に導入実績があり、今後も増加していく予定です。

関連記事

  1. 「Amanogawa」、三重大学大学院医学系研究科で導入

  2. FRONTEO「会話型 認知症診断支援AIシステム」で被験者と医師の会…

  3. FRONTEO、「AI×医療」をテーマにする情報発信サイトを開設

  4. Ubie、「ホームページAI相談窓口」を医療機関へ無償提供開始

  5. 適切な受診先をAIが提示。Ubie「AI受診相談システム」、海老名市で…

  6. 胸部X線画像の読影診断を支援するEIRL Chest Screenin…

PAGE TOP