IT

アプリやウェアラブルデバイスからデータを取得する臨床研究用PHRクラウドサービスPHRONTIER ® (フロンティア)リリースのお知らせ

医療・ヘルスケア分野のアプリ・Webシステムを開発するキュアコード株式会社(代表取締役:土田史高 本社:富山県富山市 以下キュアコード)は、大学等の研究機関を対象とする PHR(Personal Health Record)アプリ・クラウドサービスプラットホーム『PHRONTIER®』(フロンティア)を開発し、リリースしたことを発表しました。

PHRONTIER 開発の背景

キュアコードはこれまで自治体のヘルスケアアプリを複数手がけてきました。また、大学との共同研究でのアプリ開発や、大学病院と疾患別のアプリを含めた臨床研究を行ってきました。近年では全国の研究者よりPHR を研究に使用したいという声が多数ありました。しかし、個別の研究のためにアプリを開発することはコストが高く、導入までの期間も長くなります。一方で既存のヘルスケアアプリを導入して研究を実施することは、医師や研究者の細かいニーズを満たせないケースも多く、研究にさまざまな制約が生じます。PHRONTIER はこういった課題を解決したいという思いから生まれました。

PHRONTIER の特長

PHRONTIER では、歩数計、体重入力、血圧入力、血糖値測定など、よくある機能を個別に有効・無効にすることにより、医師・研究者のニーズに沿ったデータ収集環境を用意することができます。必要なユーザー管理機能、お知らせ配信、アンケート、CSVデータ出力などの機能を備えているため、従来よりも低コスト、短期間(当社比)で臨床研究の開始にデジタルヘルスケアアプリケーションを利用できるようになります。

具体的なニーズと活用例

○リモートでアプリを使って健康データを収集したい。

○紙をやめて電子的にアンケートを取って集計したい。

○ウェアラブルデバイスのデータを研究に使用したい。

○診察室で患者の日常のデータを確認したい。

関連記事

  1. 臨床判断能力向上を支援する「Medi-EYE用教育VRキット」発売

  2. 【医療データ活用アライアンス】三井住友信託銀行×eWeLL 「PHR」…

  3. スマートMI、保有する全ソフトを医療機関に無償提供

  4. ファストドクター、年末年始も救急オンライン診療などで地域医療をサポート…

  5. AICSなどによる電子カルテ向けのAIソフトウェアアプリケーションが賞…

  6. メディカルノート、JAF会員向けオンライン医療サービスの提供を開始

PAGE TOP