イベント

マイクロCTC検査サービスを提供するセルクラウド がんリスク検査事業拡大に向け4億4千万円を新たに資金調達し、累計調達額が10億4千万円に到達

株式会社セルクラウド(本社:東京都渋谷区、代表取締役 中島謙一郎)は、第三者割当増資により、今年に入り約4億4千万円の資金を調達(2023年9月末時点)、累計調達額が10億円4千万円に到達したことを発表しました。

主な資金使途としては、マイクロCTC検査を活用した、がんリスク検査の検査センターにおける検査精度向上を目的とした検査装置の購入、専門人材(高いスキル・経験を持つ検査技師)の採用、認知拡大を目的としたマーケティング・PRへの投資などを見据えています。また、資金調達に留まらず、セルクラウドは今年から多業種多企業との業務提携を行うなど、がんリスク検査事業を拡大してきました。今回の資金調達、多企業との業務提携を契機とし、今後、「がんの不安と苦しみをなくす」というミッション実現に向け、より一層事業を加速していくとしています。

マイクロCTC検査について

「CTC」=血中循環がん細胞=Circulating Tumor Cellsの略。

CTC検査とは、血液中に漏れ出した血中を循環するがん細胞を検出する先端の検査です。日本国内での認知度はまだ低いですが、欧米では既に30,000もの関連論文が発表されており、米国のFDAからも承認を受けているなど、がん研究・治療現場で大きく注目されている先端検査のひとつです。セルクラウドが展開する「マイクロCTC検査」では、欧米で主流のCTC検査の品質・検査精度を更に進化させ「上皮間葉転換」した悪性度の高い、浸潤・転移の高い能力を持つ『間葉系のがん細胞』を特定し、特異度94.45%の精度で検出できるCSV(細胞表面ビメンチン)抗体を利用することで、高い精度でリスクを判別することを可能にします。それによって従来の検査手法に比べて安全かつ手軽に全身のがんのリスクを判定できることが特徴です。

関連記事

  1. ヘルスケア起業家を増やす!ビジネス創造のきっかけを与える「Health…

  2. 医療4.0の著者 加藤 浩晃 氏登壇決定!ヘルスケア・ウェルネス領域の…

  3. ロゼッタ、医療関係者と外国人患者の言語の壁を取り除く音声翻訳ツールを紹…

  4. AMEDに採択の大規模医療VR事業、初のオンラインセミナー開催!本事業…

  5. 医学・医薬に特化したAI翻訳プラットフォーム“AIKO SciLing…

  6. オープンイノベーションセミナー「横浜 innovation Day」―…

PAGE TOP