IT

医療機器メーカー・医療機関向けサイバー攻撃対策支援「GMOサイバーセキュリティfor医療」を提供開始【GMOサイバーセキュリティー byイエラエ】

GMOインターネットグループでサイバー攻撃対策事業を展開するGMOサイバーセキュリティ byイエラエ株式会社(代表取締役CEO:牧田 誠 以下、GMOサイバーセキュリティ byイエラエ)は、2023年10月26日 (木)より、医療機器メーカーや医療機関向けに総合的なサイバーセキュリティの支援を行う「GMOサイバーセキュリティfor医療」の提供を開始しました。

2022年10月末に起きた大阪急性期・総合医療センターのランサムウエア被害では電子カルテを含む総合情報システムが停止し診療機能に多大な影響を及ぼしました。公開された情報セキュリティインシデントの調査報告書によると、被害が拡大した原因として「組織的なITガバナンスの欠如」のほか「閉域網の安全性を過信していたこと」などセキュリティ対策への意識が薄れていたことなどが、サイバー攻撃を受けた要因として報告されています。2023年4月の医療法施行規則の改正では医療機関等へのサイバーセキュリティが義務化され、2023年5月には医療機関が行うべきサイバーセキュリティ対策として「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」の第6版が策定されました。これにより、医療機関だけではなく、医療機器開発においても今後製品ライフサイクルの全てにおいて、ガイドラインの内容を理解した上で管理者はサイバーセキュリティを確保する取り組みを行うことが求められています。

「GMOサイバーセキュリティ for医療」は、GMOサイバーセキュリティ byイエラエが提供しているサイバーセキュリティのサービス・プロダクトを用いて、包括的に医療機関や医療機器メーカーのセキュリティ対策を行うパッケージです。具体的には、サイバーセキュリティコンサルタントサービスや脆弱性診断、ペネトレーションテスト、サイバー事故対応支援サービスに加えて、SOCサービスや自社開発のASMツール「GMOサイバー攻撃 ネットde診断」による情報資産の可視化と脆弱性管理などを実施します。

関連記事

  1. 臨床支援アプリ「HOKUTO」の医師会員数が10万人を突破! リリース…

  2. 容易にオンライン診療を開始できる「SOKUYAKU ASP」提供開始

  3. IC用動画を用いた泌尿器科外来の効率化。Contrea株式会社が新コン…

  4. メディカルノート、JAF会員向けオンライン医療サービスの提供を開始

  5. ジョリーグッドと順天堂大学、リアルな診療を体験できる感染症診療VRを共…

  6. 健康管理アプリ「ON DIARY」を利用した特定保健指導予備軍対策サー…

最近の記事

PAGE TOP