IT

自由診療クリニック特化型のDXツール『B4A(ビーフォーエー)』が資金調達を実施、累計額は約5億円に

自由診療クリニック特化型のDXツール『B4A(ビーフォーエー)』を提供する株式会社B4A(代表取締役CEO:植松 正太郎)は、アニマルスピリッツ、i-nest capital、D3等を引受先とする第三者割当増資ならびに金融機関からの融資(借入枠含む)により、シリーズAの資金調達を実施したことを発表しました。

B4Aは、予約システムとCRM機能に関しての特許を2023年4月に取得しました。また同時期に、SBペイメントサービス株式会社と協業した事前決済(オンライン決済)機能やLINEマーケティングツールとの連携機能をリリースし、これらいずれも自由診療クリニック向けSaaSとして「業界初」の機能実装でした。

B4Aはクラウド型のツールで、日々機能をアップデートしています。同社は業界最大級の開発組織を抱えており、圧倒的な機能リリースのスピードとともに、エラーが起きにくい安定したシステム環境を実現しています。

B4Aは先進的な機能を武器に、業界でのシェアを急速に拡大しています。各機能の有用性やユーザビリティの良さ、安定性を背景に、多くのクリニック経営者・クリニックスタッフから支持され、美容外科・美容皮膚科・AGAクリニック、脱毛クリニック、歯科など、約200のクリニックで運用されています。

今後も業界で最も先進的な機能提供に尽力し、自由診療クリニックの売上拡大及び業務の効率化のみならず、クリニックに日々通っている顧客にとっても来院体験の質・満足度向上を果たしていくとしています。

関連記事

  1. メディカルノート、JAF会員向けオンライン医療サービスの提供を開始

  2. 茨城県が自宅療養者向けに医療相談アプリ「リーバー」を提供

  3. 東京医科歯科大学医学部附属病院、オンラインセカンドオピニオン外来を開始…

  4. ドクターズ株式会社、大阪府へオンライン医療支援プラットフォームDoct…

  5. アプリ上で疑似診療体験!医学生のための学習プラットフォーム「ポケクリ」…

  6. ファストドクターがWEBツール「クリニックポータル」の提供を開始

最近の記事

PAGE TOP