医療機器

たった1回の採血だけで全身のがんリスクを発見できる『マイクロCTC検査』サービス、導入クリニック100院を突破

株式会社セルクラウドは、たった1回の採血だけで全身のがんリスクを発見できる『マイクロCTC検査』サービスを5月から全国のクリニックに導入開始し、導入クリニックが100院を突破、計111院に当サービスが導入されことを発表しました。

マイクロCTC検査について
「CTC」=血中循環がん細胞=Circulating Tumor Cellsの略。
CTC検査とは、血液中に漏れ出した血中を循環するがん細胞を検出する先端の検査です。
日本国内での認知度はまだ低いですが、欧米では既に29,000もの関連論文が発表されており、米国のFDA(日本の厚労省にあたる)からも承認を受けているなど、がん研究・治療現場で大きく注目されている先端検査のひとつです。
同社が展開する『マイクロCTC検査』では、欧米で主流のCTC検査の品質・検査精度を更に進化させ「上皮間葉転換」した悪性度の高い、浸潤・転移の高い能力を持つ『間葉系のがん細胞』を特定し、特異度94.45%の精度で検出できるCSV(細胞表面ビメンチン)抗体を利用することで、高い精度でリスクを判別することを可能にします。それによって従来の検査手法に比べて安全かつ手軽に全身のがんのリスクを判定できることが特徴です。

2023年7月26日時点で、37都道府県111院のクリニックに導入されています。

『マイクロCTC』導入クリニック:
URL:https://micro-ctc.cellcloud.co.jp/clinic

関連記事

  1. Report Ocean、呼吸器系医療機器市場に関するレポートを発行

  2. 「再製造ステラブル電極カテーテル(日本ストライカー)」を販売開始 ~循…

  3. オリンパス、呼吸器インターベンション分野の医療機器メーカーと買収契約を…

  4. ニューロテック医療機器ベンチャーINOPASEが東京工業大学 神経医療…

  5. フィリップスのAI搭載補聴器に耳あな型スタイルが新登場

  6. サンワサプライが1本支柱タイプのカルテカート「RAC-HP17」を発売…

PAGE TOP