ロボット

メドトロニック 外科手術で使用する「Hugo™️ 手術支援ロボットシステム」消化管外科への適応について承認を取得

日本におけるメドトロニックの 3 法人のひとつであるコヴィディエンジャパン株式会社(本社:東京都港区)は、「Hugo™️ 手術支援ロボット システム(Hugo=ヒューゴ 以下、Hugo RAS システム)」の消化管外科手術(胸部食道操作を除く、上部及び下部)への適応拡大について、2023年5月23日に厚生労働省より承認を取得したことを発表しました。今回の承認により、Hugo RAS システムの対象は泌尿器科、婦人科に加え、消化管外科(胸部食道操作を除く、上部および下部)へと拡大されました。

2022年12月に日本で販売を開始したHugo RAS システム は、それぞれが独立したアームのため、症例や患者さんに応じて柔軟な配置が可能で、かつ術者が見ている操作画面を複数人で同時に確認できるオープンコンソールを採用しており、手術室スタッフとのコミュニケーションも容易になるという特徴があります。

サージカルにおけるロボティクサージカルテクノロジーAPACシニアマーケティングダイレクター 中川玲子氏は、「Hugo RAS システムは当社の60年に渡るヘルスケアテクノロジーを基盤としています。消化管外科への適応拡大により、より多くの患者さんが低侵襲手術のベネフィットを享受できるようになったことをうれしく思います」と述べています。

Hugo RASシステムは現在特定の国や地域で販売しており、国や地域ごとの要件によって、承認や販売について決定されます。現在EUではCEマークが付与されており、米国では治験用医療機器として使用されています。

関連記事

  1. 手術支援用ロボット研究開発のスタートアップF.MED株式会社が、世界最…

  2. 手術支援用ロボットを開発するF.MEDが新たに株式会社みらい創造機構か…

  3. 「MELTz 手指運動リハビリテーションシステム」が日本における医療機…

  4. ヒューマノーム研究所、ロボット手術を東京医科歯科大学と共同研究

  5. 医療用HAL、小型モデル追加に係る医療機器承認申請のお知らせ

  6. SGSTがクリニックにおける紫外線照射ロボットの有効性を検証へ

最近の記事

PAGE TOP