IT

訪問診療専用スケジュール管理ソフト『CrossLog(クロスログ)』と医事一体型電子カルテシステム「Medicom-HRf Hybrid Cloud 」のシステム連携をアップデート

クロスログ株式会社(代表取締役CEO:宮原智新)は、PHCホールディングス株式会社(本社:東京都港区)傘下のウィーメックス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大塚孝之)が提供する医事一体型電子カルテシステム「Medicom-HRf Hybrid Cloud」とのシステム連携をアップデートしました。

「Medicom-HRf Hybrid Cloud」は、診療所向け電子カルテシステム、レセプトコンピュータにおいて、シェアNo.1のメディコムが提供するオンプレミスとクラウドの電子カルテシステムです。

CrossLogは、訪問診療サービスを提供するクリニックのスケジュール業務効率化を実現するソフトです。

訪問診療を行っている医療機関では、診療スケジュールの作成や診療の合間の移動時間が課題になっています。医事一体型電子カルテシステム「Medicom-HRf Hybrid Cloud」と訪問診療専用スケジュール管理ソフト「CrossLog」とのシステム連携により、診療スケジュール管理の簡素化や診療スケジュール作成の効率化が実現できます。「Medicom-HR シリーズ」にクラウド経由でデータ連携する「Medicom Cloud Connect サービス」を利用して、下記2つのシステム連携を行っています。

<システム連携>

・患者連携

 Medicom-HRf Hybrid Cloudにて登録された患者頭書き情報がCrossLogに連携

・予定連携

 CrossLogで作成したスケジュール(予約情報)をMedicom-HRf Hybrid Cloudに連携

これら2つの連携方法がこれまでファイル連携でしたが、API連携に変わることで連携内容が大幅にアップデートされ、更なる業務効率化を実現できます。

<アップデート内容>

・未来分の訪問予定を同期可能

・細かな同期設定が可能(日付、医師を指定可能に)

・同期可能項目の増加(診療時間、診療科、初診/往診の情報)

・同期時間にタイムラグがなくなり、ほぼ即時で連携可能

・訪問不要で遠隔での設定が可能

関連記事

  1. ネクイノ、コロナワクチン接種予約・管理アプリを自治体に無償提供

  2. オンライン診療・服薬指導サービス「SOKUYAKU」、決済手段に「コン…

  3. SDKI Inc.が医療用語ソフトウェア市場に関するレポートを発刊

  4. メドレー、患者向け総合医療アプリ「CLINICS」で処方薬の当日配達を…

  5. フューチャー、医療分野のデジタル化事業に本格参入 PHRソフトウェア基…

  6. ePRO取得に必要な各種サービスを網羅した新サービス、YaDoc「eP…

最近の記事

PAGE TOP