IT

【在宅医療×DX】在宅医療機関向けドクターシェアリングサービス「ON CALL」を提供する株式会社on callが、医療機関・医師向けオペレーションシステムの提供を開始

東京都内で在宅医療機関向けドクターシェアリングサービス「ON CALL」を提供している株式会社on call(本社:東京都港区、代表取締役:符毅欣)が、医療機関・医師向けオペレーションシステムの提供を開始しました。

「ON CALL」が解決している課題

国内の高齢化率は今後20年で増加傾向にあり、地方の高齢者を中心に、在宅医療の需要は増えていく見込みとなっています。一方で、「医師の働き方改革」関連法の24年4月施行に伴い、各医療機関は勤務する医師の労働時間が上限年960時間となるよう、労働時間の短縮を求められており、増加する在宅医療の需要に医師の労働時間の供給が間に合っていないのが現状です。そこで、在宅医療機関向けドクターシェアリングサービス「ON CALL」では、夜間・休日の営業時間外の医師のリソースが不足している医療機関に対して、地域医療に貢献したいと思っている医師の紹介事業を運営しています。

今回リリースする機能の特徴

「ON CALL」では、夜間・休日の営業時間外の患者様からの相談・往診依頼時に、医療機関に対して稼働する医師を紹介する後方支援を行っています。かかりつけのクリニック・医院への患者様からの相談や患家への往診をON CALLに登録されている医師と即時連携し、ディレクター(看護師/救命救急士)と共に対応します。今回のリリースでは、患者のかかりつけクリニック・医院と、ON CALLに登録している医師との間での情報連携の基盤を強化し、よりスムーズな情報連携と時間短縮を実現するため、「ON CALLオペレーションシステム」の提供を開始しました。

関連記事

  1. アトピー患者向けアプリ「アトピヨ」、「NEXs Tokyo 連携モデル…

  2. 広島県「新たなビジネスモデル構築支援事業」、在宅向け睡眠見守りシステム…

  3. コニカミノルタ、個別化医療に向け精密診断プラットフォームをグローバル展…

  4. レセプト審査から被保険者への介入までをワンストップで

  5. 医療機関向けメディカルライセンスAppGuard Medical 販売…

  6. Medii、臨床医学情報専門サイトを運営するケアネットと協業

PAGE TOP