ロボット

眼内内視鏡・眼内照明保持ロボット「OQrimo®」を共同開発、製品化に成功

九州大学、東京工業大学、順天堂大学、山口大学およびリバーフィールド株式会社(本社:東京、社長:只野耕太郎)は共同開発を行った眼内内視鏡・眼内照明保持ロボット「OQrimo®(オクリモ)」について製品化に成功したと発表しました。また、リバーフィールドによる独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)への一般医療機器販売届出が2023年4月13日に受理されました。

開発の背景
眼科手術支援ロボット開発は、2017年にAMED(日本医療研究開発機構)の「未来医療を実現する医療機器・システム研究開発事業」に採択され、AMED研究開発事業参加企業・研究機関をはじめとした研究機関・企業にて共同で開発、製品化が進められました。

製品の特長
「OQrimo®」は、眼科医の要望から生まれた眼科手術専用の手術支援ロボットです。眼内手術を行う際、眼内内視鏡や眼内照明は重要なツールです。現在は片手でツールを保持しながら手術を行っているため、肝心の手術操作は(ツールを保持していない)もう一方の片手のみで行っています。そこで、安全に眼内内視鏡や眼内照明を保持する手段があれば、術者は両手を使って操作を行うことができるようになります。「OQrimo®」はジンバル構造を有し、眼内内視鏡や眼内照明(ライトガイド)を把持し、意図する位置に自在に誘導します。フットコントローラーで、あたかも術者の「第3の手」のように滑らかに動きます。また、眼内の空間把握をサポートするマッピング画面を有し、より直感的な操作を実現します。術者は両手を自由に使えるようになり、これは特に難易度の高い眼内手術において重要なアドバンテージです。

関連記事

  1. インテュイティブサージカル、日本初のシングルポート内視鏡手術支援ロボッ…

  2. アキュレイ高精度放射線治療装置サイバーナイフシステムとブレインラボ社定…

  3. メドトロニック 外科手術で使用する「Hugo™þ…

  4. ローカル5G×ロボット×AIを活用した医療インシデント削減の実証実験を…

  5. 「触覚」を有する手術支援ロボットシステム「Saroaサージカルシステム…

  6. インテュイティブサージカル、シングルポート内視鏡手術支援ロボット「ダビ…

最近の記事

PAGE TOP