IT

裸眼3D立体視 SpatialLabsテクノロジー活用事例を本日公開!医用画像ビューワー Viewtifyにより、体内の立体構造を高精細かつ瞬時に再現し、裸眼立体視で確認!

日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ボブ・セン)は、裸眼での3D立体視を実現する没入型体験SpatialLabs™(スぺイシャルラボ)テクノロジーの活用事例を、2023年3月31日より一般に公開しました。

研究や教育を目的として各地の病院への導入が進む株式会社サイアメントが開発する医用画像ビューワー Viewtify® (ビューティファイ)は、SpatialLabsテクノロジー搭載製品との組み合わせにより、CT画像やMRI画像を3Dに変換し、体内の血管や心臓、骨など複雑な構造を高精細かつ再現性の高いリアルタイム3DCGとして裸眼3D立体視で映し出すことが可能です。

「放射線科の先生などが画像を加工して3DCG画像をプリントし、それを執刀医が確認するというこれまでの作業工程と比較すると、Viewtifyならば執刀医が直接自分で操作できるので、確認したい臓器や患部の状態をどこまでも、しかも瞬時に閲覧できるようになります。そしてこれを裸眼3Dモニターで投影すれば、より『術野(じゅつや)』に近い奥行きのある立体画像で確認できるのです」と株式会社サイアメントの瀬尾拡史は述べています。

関連記事

  1. メドレーがオンライン診療・服薬指導アプリ「CLINICS」の運営を開始…

  2. 高血圧の新しい選択肢「治療アプリ」の完了後に使える新サービス「スマート…

  3. 地域医療連携専門のメディア『medigle PRESS(メディグルプレ…

  4. 自由診療クリニック特化型のDXツール『B4A(ビーフォーエー)』が資金…

  5. クリニックDXソリューション事業を開始

  6. CureApp、ベンチャー企業の経営者を称える表彰制度で経済産業大臣賞…

最近の記事

PAGE TOP