IT

個人の医療情報を管理するPHRアプリ「MySOS」と日本最大級の時間外救急サービス「ファストドクター」が連携開始

株式会社アルム(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:坂野哲平、以下 アルム)とファストドクター株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:菊池亮(医師)、水野敬志、以下 ファストドクター)は、アルムのPHRアプリ「MySOS」とファストドクターが支援する往診・オンライン診療サービスの連携を開始しました。

MySOSは、アルムが開発・提供する、自身や家族の健康・医療記録を行い、救急時などのいざという時にスムーズな対応をサポートするアプリです。個人の医療情報(PHR:Personal Health Record)として、通院履歴、服薬履歴、かかりつけ医の情報などをユーザー自身で登録するだけでなく、医療機関から直接、健康診断結果やPCR検査結果、CT・MRI等の検査画像(DICOM規格)をMySOSで受け取ることができ、自身のPHRをワンストップで管理できます。

ファストドクターは、全国11都府県の医療機関から構成されている時間外救急の総合窓口(プラットフォーム)です。医療機関が空いていない夜間・休日に医療相談に応じ、症状の緊急度に応じて救急病院案内や夜間休日往診、オンライン診療などの適切な医療を選択できるよう支援しています。持続可能な地域医療の実現を目指し、全国で総勢約2,000名の医師(常勤医・非常勤医)が活動しています。

この度の連携により、MySOSからファストドクターの救急往診やオンライン診療の相談ができるようになりました。MySOSには、救急時の症状によって、すぐに医療機関を受診するべきかどうか判断の目安となる「成人・小児救急ガイド」が搭載されています。ガイドを使用しても判断に迷う場合には、ファストドクターに接続され、医療者に直接相談することができます。救急往診の必要性が判断された際には、MySOSに登録したPHRデータを医師に見せることで、診断・処方に役立ちます。

関連記事

  1. Wanget、病院・医療機関における説明動画を制作し、医師の働き方改革…

  2. コントレアがIC支援システムを恵佑会札幌病院に導入

  3. Ubieと武田薬品工業、希少疾患「遺伝性血管性浮腫(HAE)」に関する…

  4. ジョリーグッド、VRとAIによる精神疾患向けのデジタル治療専門部署を新…

  5. 3Hクリニカルトライアルが臨床試験紹介システムを開発・運用開始

  6. AICSなどによる電子カルテ向けのAIソフトウェアアプリケーションが賞…

最近の記事

PAGE TOP