IT

オンライン診療で【バーチャル社内診療所】を展開する、フェアクリニックオンラインをプロデュースしました

株式会社フェアワークは、医療法人社団惟心会のオンライン診療サービス【フェアクリニックオンライン】を通じた、従業員の生産性低下の予防と回復により、企業の「人的資本経営」と「健康経営」をサポートします。

株式会社フェアワーク(代表取締役社長 吉田 健一 本社:東京都中央区)は、参議院事務局の元産業医が運営する医療法人社団惟心会と共に、バーチャル社内診療所【フェアクリニックオンライン】をプロデュースしました。全国的に社内診療所は長期減少傾向にあり、この30年でおよそ半減していますが、近年注目されている「人的資本経営」の観点からも、この業態はDXを推進することで社会的価値の向上が期待できます。同社は、既存のサービスである法定ストレスチェックや従業員サーベイ、それにEAP(従業員支援プログラム)と垂直的に統合するサービスとして、バーチャル社内診療所【フェアクリニックオンライン】をプロデュースしました。

関連記事

  1. てんかん診療のICTサポートアプリ「nanacara」がリリース1周年…

  2. スマートMI、保有する全ソフトを医療機関に無償提供

  3. SDKI Inc.が医療用語ソフトウェア市場に関するレポートを発刊

  4. SBグループ、高齢者・保育施設等従事者のPCR検査業務を久留米市から受…

  5. クラウド電子カルテ「ACUSIS Cloud」待望のリリース

  6. アボットとMICIN、糖尿病の新たな治療環境構築に向けた協業を開始

最近の記事

PAGE TOP