IT

アボット、パーキンソン病等の運動障害に対する脳深部刺激療法の遠隔診療に対応した日本初のアプリ「NeuroSphere™ Virtual Clinic」提供開始のお知らせ

アボットメディカルジャパン合同会社(本社: 東京都港区、代表執行役員社長 千田 真弓、以下「アボット」)は、脳深部刺激療法(DBS)に用いられる遠隔診療アプリ「NeuroSphere™ Virtual Clinic」(読み:ニューロスフィアバーチャルクリニック、以下「NeuroSphere VC」)の提供を開始したと発表しました。

パーキンソン病は、進行性の疾患です。発症から3-5年で薬物療法による効果が徐々に低下し、ジスキネジアという自分では止められない振戦が徐々に現れます。ジスキネジアにより日常生活に支障が生じてくると、症状をコントロールする治療の一つに、脳深部刺激療法(DBS)があります。しかし、DBSの治療が行える認定医は、脳神経外科医の約3%と限定的で、患者は遠方から通院しているケースも多く、パーキンソン病の症状の特性から通院には家族や介護者の支援が必要です。

NeuroSphere VCによりDBS治療を行う専門医は、アプリのビデオ通話機能を通して患者の症状を確認し、調整した電気刺激プログラムをインターネット経由で患者に送信することができます。患者は、スマートフォンによって受診した電気刺激プログラムをBluetoothによって体内に植込まれている刺激装置と通信させ、パーキンソン病症状をコントロールすることができます。さらに、これまで対面診療で行われてきた、機器チェックも遠隔で行うことが可能です。通信トラブルに対しても、通信障害発生時にはリカバリプログラムが作動し最後に使用していたプログラムに自動設定されます。NeuroSphere VCは、患者に質の高い治療を届け、通院の負担を軽減させることが期待されます。

関連記事

  1. 脳卒中の迅速な治療開始を医療DXで推進する「Join」

  2. 医療機関とDXサービス企業の出会いを支援するサイトオープン ̵…

  3. サスメドと日本ケミファ、ブロックチェーン技術を用いた臨床試験効率化を検…

  4. 医療関係者アプリ「Join」、世界30カ国/1000医療機関へ導入達成…

  5. プラスメディの患者向けスマホアプリ「MyHospital」、公立昭和病…

  6. 遠隔医療プラットフォーム「リーバー」、利用者100万人を突破

PAGE TOP