AI

胸部X線画像の読影診断を支援するEIRL Chest Screeningの新モデルを発売、検出する異常陰影候補領域の対象所見を拡大

2023年1月10日、エルピクセル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:鎌田富久、島原佑基、以下「エルピクセル 」)は、胸部X線画像の読影診断を支援するEIRL Chest Screeningについて、新たに3つの異常陰影領域(浸潤影、無気肺、間質性陰影)を検出する機能を追加した新モデルを発売いたしました。

従来のEIRL Chest Screeningは、胸部X線画像から肺結節候補域を検出するEIRL Chest Noduleと、胸腔内の空気含有面積・肋骨横隔膜角・心胸郭比・縦隔幅・大動脈弓径を自動計測するEIRL Chest Metryの2つのソフトウェアを統合した製品でした。今回の新モデルでは、EIRL Chest Noduleに代えて、結節影だけでなく浸潤影、無気肺、間質性陰影を検出する機能を持つソフトウェア(販売名:医用画像解析ソフトウェア EIRL Chest XR、 承認番号:30400BZX00285000)を追加しました。新モデルの発売によって、健康診断のみならず日常診療等、膨大な検査数が実施される胸部X線検査をより包括的に支援することを目指すとしています。

結節影、浸潤影、無気肺、間質性陰影とは
・結節影について
円形・類円形の陰影で悪性の肺腫瘍(肺がん)のほかに良性肺腫瘍や様々な限局性の肺疾患が疑われる所見です。
・浸潤影について
結節影よりも広い範囲に及ぶ陰影で、主に肺炎や肺結核などの肺感染症に見られる画像所見です。
・無気肺について
肺が虚脱した状態を示す所見で、肺葉レベルから末梢の細気管支レベルまで生じる可能性があります。
・間質性陰影について
索状影、網状影、線状影などの特徴をもつ間質が変化した場合の所見です。

今回の機能追加の背景
日常診療や、定期健康診断等で実施される胸部X線検査において、上記の異常陰影が見られた場合には、必要に応じて精密検査によって病変の確認を行います。所見によっては、重篤なものもあり、早期に発見し、適切な治療を行うことが重要です。胸部X線検査は、被験者の被爆及び費用負担が少なく、比較的簡便に行うことができる検査であり、病院で最初に行う画像検査、人間ドックや健康診断に欠かせない項目となっています。しかし、その一方で撮像された画像の診断・読影は膨大な数となり、医師の負担は増大しています。そこで、医師の見落としリスクを低減するサポートとなるべく、今回の新機能が追加されました。

新たに追加された機能
3つの異常陰影領域(浸潤影・無気肺・間質性陰影)を検出

検出精度について
医師単独で読影した場合と比べ、本ソフトウェアを用いて読影した場合には、専門医で11.1%、経験5年未満の非専門医で15.5%の感度が上がることが認められました。また、読影試験における診断性能を表すJAFROC解析によるFOM(Figure of Merit)値は、本品を併用すると専門医で0.059ポイント向上し(p<0.001)、診断精度の向上が認められました。

関連記事

  1. みらい翻訳、医療従事者向けAI翻訳サービスを提供へ

  2. 「EndoBRAIN-EYE」機能強化版、薬機法の一部変更承認を取得

  3. FRONTEOが医学論文探索AIソフトウェアで特許を取得

  4. FRONTEO×NTT東日本 自然言語AIを用いたデジタルヘルスの協業…

  5. 「スマートOCR健康診断書」、ヘルスケアアプリ「kencom×ほけん」…

  6. AI管理栄養士が健康を管理する「カロママ プラス」、体温管理機能をリリ…

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP