IT

フューチャー、医療分野のデジタル化事業に本格参入 PHRソフトウェア基盤を提供開始

フューチャー株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長 グループCEO:金丸恭文、以下「フューチャー」)は、医療機関や製薬会社等に向けてPHR(Personal Health Record:個人の健康・医療データ)サービスを安全かつ迅速に展開するソフトウェア基盤「Future Medical Base」を独自開発し、2022年12月1日より提供開始しました。これにより医療分野のデジタル化事業に本格参入します。

フューチャーは、ITによるイノベーションで医療課題の解決に取り組む専門チームとして、2020年に「Healthcare Innovation Group」を立ち上げました。同グループは、医療機関や製薬会社のデジタル化を、経営コンサルティングとITの実装で支援する「医療DX事業」と、医療ベンチャーなどと新しいデジタルサービスを共創する「デジタル・イノベーション事業」の2軸で事業展開しています。

今回新たに提供する「Future Medical Base」は、自身の健康・医療データを基に主体的に医療に関わる“患者中心の新しい医療”を支援するためのソフトウェア基盤です。厚生労働省・経済産業省・総務省による「3省2ガイドライン」に準拠した堅牢なセキュリティシステムのもと、ID管理や認証、PHRデータの記録管理が可能です。また、医療データ連携の標準規格「HL7® FHIR®」や他規格に、API (Application Programming Interface)で柔軟に連携できる高い拡張性を有しています。「Future Medical Base」は、サービス事業者が契約するクラウド上に展開するため医療機関や製薬会社などのサービス事業者自身がPHRを保有できます。あわせて、お客様が自身の事業特性を活かしたPHRサービスを迅速かつ安全に提供できるよう、フューチャーは、PHRサービス全体における戦略コンサルティングからIT実装まで一気通貫で支援します。

関連記事

  1. 医師専用オンライン専門医相談サービス『E-コンサル®』、症例相談に回答…

  2. セールスフォース、「Salesforce Health Cloud」の…

  3. 非接触型技術スタートアップ「センシング」と資本業務提携 PHRシステム…

  4. 来年1月電子処方箋開始へ 処方箋予約システムPharmacy Supp…

  5. 【メディカル業界に特化したプラットフォーム MEDISPURT をリリ…

  6. カーライル、デジタル療法を提供するCureAppへのマイノリティー成長…

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP