AI

延べ500万人分のコホートデータを活用して「疾病13種の発症リスクをAIで予測」する個人向け郵送キットを発売

ミライラボバイオサイエンス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:田中 めぐみ)は、健康度郵送解析シリーズの第2弾として「AI Disease Prediction Kit – Risk Check(AI疾病予測キット<リスクチェック>)」を、2022年12月15日に発売します。

本キットはDX CARE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:清水 達紀)が提供する、13種類の疾病について将来の発症リスクをAIで予測するサービス(DX Care Check)を利用します。その結果は、今後の健康管理に役立てることができます。

本キット購入後の流れは以下のとおりです。
1) キットに含まれるシンプルな問診票(自身と近親者の各種疾病罹患歴、自身の喫煙、飲酒、運動習慣を○で囲むもの)と、直近3回(3年)分の一般的な健康診断の受診結果のコピーを、DX CARE社研究所まで郵送します。
2) DX CARE社にて、受領した健診結果情報等を使用して疾病発症確率のAIシミュレーションを行い、13種類の疾病(糖尿病、心臓疾患、認知症、アルツハイマー、胃がん、大腸がん、肝臓がん、肺がん、乳がん、前立せんがん、脳卒中、高血圧、脂質異常症)について、直近健診日から4年後の発症リスクを算出します。
3) 結果を疾病予測レポートとして、郵送または電子メールで利用者に提供します。疾病予測レポートでは、各疾病ごとの発症リスク予測をグラフィカルに表示するととともに、AIが計算した発症リスク予測に影響を与えた健診項目をその影響度順に並べ、健診項目ごとに、現在状態、基準値との差、同一年齢/性別の平均値を表示します。

販売サイト:https://mirai-lab.jpn.com

関連記事

  1. カルディオインテリジェンス、長時間心電図解析ソフトウェアの販売を開始

  2. がん検診の研究などを推進。AIで細胞を高速解析・処理するCYBO、60…

  3. 胸部X線画像の読影診断を支援するEIRL Chest Screenin…

  4. 富士フイルム、がん検診を中心とした健診センター「NURA」をインドに開…

  5. 「Amanogawa」、三重大学大学院医学系研究科で導入

  6. 千葉大発の医療ベンチャー、脳卒中AI予測診断の研究論文が英科学誌に掲載…

PAGE TOP