ロボット

アキュレイ高精度放射線治療装置サイバーナイフシステムとブレインラボ社定位放射線治療計画ソフトウェアBrainlab® Elementsとの連携を強化

アキュレイ株式会社(代表取締役社長:穂積 重紀、本社:東京都千代田区)は、頭蓋内疾患治療の向上を目指して、当社の高精度放射線治療装置サイバーナイフシステムの治療計画装置Accuray Precision® 治療計画システムの機能拡充とブレインラボ社の定位放射線治療計画ソフトウェアBrainlab® Elementsとの連携を強化したと発表しました。

Accuray Precision® 治療計画システムは、ブレインラボ社の定位放射線治療計画システムBrainlab® Elementsと連携させることで、頭蓋内および脊椎の疾患に対する治療計画を、迅速かつ自動的に作成し、治療の質を落とすことなく、スピーディな計画立案と治療の両方を可能にします。また、次のような機能強化を行っています。
・多発性転移性脳腫瘍などの治療計画立案を簡便に行うグループ化機能
・CyberKnife VOLO最適化のスナップショット機能
・AC/PC line 前後交連線のスライス画像表示
・Gradient IndexおよびConformity Indexの機能強化 

関連記事

  1. 次世代手術ロボット市場は2030年に8億8,400万米ドルに達すると予…

  2. 国産手術ロボットを遠隔で実演

  3. 横浜市立大学附属病院、ロボティックアーム手術支援システムを保険適用

  4. 順天堂大学とMELTIN、ロボットニューロリハビリテーション機器に関す…

  5. グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン、次世代医療「リハビリロボッ…

  6. 藤枝市立総合病院、低侵襲手術室の増築工事が完了

最近の記事

PAGE TOP