IT

メディカルノートが地域医療連携プラットフォーム「Medical Note Link」をリリース

株式会社メディカルノート(東京都港区、代表取締役CEO:梅田 裕真、代表取締役:井上 祥、以下、メディカルノート)は、地域医療連携において重要となる病院からの情報発信や病院・クリニック間の紹介予約を効率化するデジタルプラットフォーム「Medical Note Link」をリリースしました。手稲渓仁会病院(北海道札幌市)に初導入し、今後他病院への導入が進められます。

Medical Note Linkとは
病院の機能分化による病床数の最適化、病院運営の効率化を目指す地域医療連携が注目されています。Medical Noteは、これまでも地域医療連携の実現をサポートするため医療機関の業務支援SaaSなどの開発や普及活動を行ってきました。今回リリースされたMedical Note Linkは、そうした活動のなかで得られた知見を生かし病院の課題を解決するために開発した地域医療連携プラットフォームです。医師だけが閲覧可能なクローズドなインターネットに、病院ごとのWEBサイトを開設することで、オープンなインターネットでは一般公開できなかった専門的な情報を、地域のクリニックや診療所の医師に対し適切に提供することができます。また、クリニックや診療所からの紹介予約をオンラインで受け付けることができるため、域内の医療機関との連携状況を数値で可視化することができます。

Medical Note Linkが解決する課題

地域医療連携においては、各病院がそれぞれの専門性や強み、受入体制情報等を積極的に域内のクリニック・診療所等に発信することが重要です。しかし、一般の方も閲覧できるインターネットで開示できる情報には制限があり、開示先を限定できる紙媒体の発行を主な手段としてきました。紙媒体は、WEB媒体に比べ内容の更新に時間や費用がかかることが課題となっています。また、病院がクリニックや診療所からの“紹介予約”を受け付ける上でも、FAXや電話などを使ったアナログコミュニケーションが主体となっており、受入先・紹介元の双方に業務負荷を与えています。Medical Note Linkはこれらの課題をデジタルで解決するものです。

関連記事

  1. セールスフォース、「Salesforce Health Cloud」の…

  2. 凸版印刷、感染症情報管理アプリ「PASS-CODE」提供開始

  3. オンライン診療・服薬指導サービス「SOKUYAKU」、決済手段に「コン…

  4. 医療相談アプリ「LEBER」の累計利用者数が約13.9万人に

  5. LINEがオンライン診療サービスの現在の認知率や利用率、今後の流行予想…

  6. オンライン診療の普及ランキング、「スクエル」のミーカンパニーが発表

最近の記事

PAGE TOP