IT

ドクターズ株式会社、大阪府へオンライン医療支援プラットフォームDoctors Station®を一括提供。月間150,000名規模のオンライン診療に対応

デジタルヘルスサービスの開発支援、流通・販売、医療連携型オンライン医療支援プラットフォームをワンストップで提供する、ドクターズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO: 柳川 貴雄、以下ドクターズ)は、大阪府が令和4年8月3日に開始した、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の若年軽症者オンライン診療スキームに対し、ドクターズのオンライン医療支援プラットフォームDoctors Station®を提供し、月間150,000名規模のオンライン診療に対応した運用を開始したことを発表しました。

新型コロナウイルス感染症の第7波の到来を受け、1日の新規感染者数が2万名を超え、感染拡大が続いている大阪府では、府内在住の20~49歳の若年軽症者を対象として、抗原定性検査キットによる判定を推し進めるとともに、陽性判定となった場合には、無償でオンライン診療が受けられるしくみを開始しています。比較的重症化リスクの低い若年層が、医療機関の発熱外来を受診せずに、無償でオンライン診療が受けられるようにすることで、重症化リスクの高い高齢者や子どもの受診機会を確保することが目的です。この目的を達成するため、ドクターズは大阪府との業務委託契約を締結し、ドクターズのオンライン医療支援プラットフォームであるDoctors Station®を活用して、陽性判定後の初期相談から、オンライン診療のアレンジメント・予約、そしてビデオ通話によるオンライン診療~処方箋の送付および処方薬の配送という全ての流れをワンストップで行うしくみを構築しました。

Doctors Station®の特長
(1)オンライン診療やオンライン医療相談の経験豊富なエキスパート医師をはじめとした看護師・薬剤師等の医療チーム
(2)多数のオンライン診療対象患者に対応可能な可用性・拡張性の高い医療DXプラットフォーム
(3)新型コロナウイルス感染症をはじめとする様々な疾患や診療科に柔軟かつ迅速に対応可能な医療運用オペレーション

関連記事

  1. 臨床判断能力向上を支援する「Medi-EYE用教育VRキット」発売

  2. デジタルヘルス市場は、2027年までに4,801億米ドルに達すると予想…

  3. DONUTSのクラウド型電子カルテ、「IT導入補助金2022」の支援事…

  4. 【医療データ活用アライアンス】三井住友信託銀行×eWeLL 「PHR」…

  5. 医療機関向けセキュリティワンストップサービス「TOMS(TechnoB…

  6. 広島県「新たなビジネスモデル構築支援事業」、在宅向け睡眠見守りシステム…

最近の記事

PAGE TOP