IT

メディカル・データ・ビジョンが健診版PHRサービス「カルテコ」をリリース

診療情報保管・閲覧サービス「カルテコ」を、病気になる前の未病領域に拡大し、国民・生活者がより健やかな人生を過ごせるよう健康診断での活用を提案

医療情報のネットワーク化を推進するメディカル・データ・ビジョン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:岩崎博之、以下MDV)が開発・提供するPHR(パーソナルヘルスレコード)サービス「カルテコ」について、MDVグループ会社の健診システムをすでに導入している施設向けに先行販売を開始する。MDVグループの株式会社システム ビィー・アルファ(福岡市、代表取締役:水口建二郎)が開発する総合健康管理システム「アルファビーナス」は、健診業務全般、電子カルテ、臨床検査システム、画像システム等との連携が可能で、「アルファビーナス」導入施設に向け、健診版「カルテコ」の導入を提案していく。

「アルファビーナス」に「カルテコ」を連携させることで、これまで紙で確認していた健診結果を、受診者自身がスマートフォンなどを使ってWEB上でいつでも閲覧できるようになり、健診データを経年で容易に比較できるほか、要経過観察、要医療などの有所見となった受診者に同意の下で二次検診のお知らせメールを送る仕組みを整備し、早期発見・治療の実現を目指す。

健診版「カルテコ」導入のメリット
1.健診結果を容易に経年比較 (受診者メリット)
2.職員・従業員の健康管理 (受診者、事業主等メリット)
3.施設内オペレーションの効率化 (施設メリット)
4.有所見者への二次検診の受診勧奨 (受診者、施設メリット)

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

メディカル・データ・ビジョン株式会社 プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000040.000089368.html

関連記事

  1. ドクターズ株式会社、オンライン花粉症対策支援サービス「花粉症ドクター&…

  2. 高血圧症向け治療アプリ 全国47都道府県の医療機関にて導入

  3. ニューハート・ワタナベ国際病院、ネットによる「Apple Watch外…

  4. SIMPLEX QUANTUMとさいとうクリニック、AIの活用などで業…

  5. アボットとMICIN、糖尿病の新たな治療環境構築に向けた協業を開始

  6. 医学生の実習を支援。VR解剖学ソフト「BODY MAP」の国内提供を開…

最近の記事

PAGE TOP