IT

症例と医療機器の情報共有ができるサイト「medeco」登場

疾患名や症例から適した医療機器を検索できる

株式会社Medecoは、2022年5月27日、症例と医療機器の情報共有サイト『medeco』をリリースしたと発表しました。

同社は、医療情報の流通基盤構築に取り組む企業です。『medeco』は、疾患名や症例から適した医療機器を検索できるサービスであり、情報流通を通じた医療従事者の意思決定や機器メーカーの販売促進/製品開発への支援が図られます。

情報集約へのニーズが高まっていた

医療関係者は現在、医療機器についてインターネットで調べることが多くなっています。しかし、診療科/病院の規模/適用症例ごとに最適な機器を検索する手間は大きな負担であり、情報集約へのニーズが高まっていました。

また、今般のコロナ禍によって製品デモの機会が減少し、リアルの場における機器の情報共有はますます困難になっています。さらに、「他の医師の症例から学びたい」という医師のニーズも近年は顕在化しており、症例の共有サービスも増加中です。

医療機器をめぐるこうした現状に対応すべく、同社は今回『medeco』をリリースするに至りました。

効率化支援や医師が学ぶ場の提供にも取り組む

『medeco』では、症例と合わせて使用された医療機器の情報が把握できるため、医療従事者は医療機器検討の判断材料にすることが可能です。また医療機器販売業者は、症例と紐づけられた医療機器の情報を収集し、製品開発に活用することもできます。

同社は今後『medeco』において、医療行為の周辺業務における効率化支援や医師が学ぶ場の提供、また医療機器ディーラーの製品検索支援などにも取り組むとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

medeco – 株式会社Medeco
https://lp.medeco.io/

疾患名や症例から適した医療機器を検索できるサービス、全国の医療従事者へ無償提供 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

関連記事

  1. ドクターメイト、ニチイ学館の有料老人ホームに「夜間オンコール代行サービ…

  2. コントレアがIC支援システムを恵佑会札幌病院に導入

  3. オンライン診療の普及ランキング、「スクエル」のミーカンパニーが発表

  4. 医療ICTソリューションを展開するアルム、総額約56億円の資金調達を完…

  5. ジャストシステム、医療向け日本語入力システムと統合ソフトを6月発売

  6. ネクイノ、コロナワクチン接種予約・管理アプリを自治体に無償提供

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

PAGE TOP