IT

オンライン診療サービス「curon」、患者向けアプリをリニューアル

診療予約状況の管理機能などを強化

株式会社MICINは、2022年2月7日、同社が提供しているオンライン診療サービス『curon』の患者向けアプリをリニューアルしました。

『curon』は、医療機関と患者の双方が予約/問診/診察などをオンラインで完結できるサービスです。今回のリニューアルでは、診療予約状況の管理機能や医療機関の検索機能が強化されています。

オンライン診療と処方に必要な機能が揃った『curon』

『curon』は、オンライン診療と処方に必要な機能が揃ったサービスとして、2016年4月から提供されています。医療機関はパソコン/タブレット端末から、患者はスマートフォンから利用することができ、予約/問診/診察/決済/処方せん/医薬品配送手続きなどをオンラインで済ませることが可能です。

また同サービスでは、同社が提供している薬局向けオンライン服薬指導サービス『curonお薬サポート』とも連携することで、薬剤師によるオンライン服薬指導なども患者に提供。こうした利便性が評価され、『curon』は2021年2月時点で5000以上の医療機関に導入されています。

利用可能な医療機関を地図上に表示

今回『curon』の患者向けアプリで実施されたリニューアルでは、診療予約の状況が管理しやすいよう画面構成が改善され、診療に必要な手続きの通知も可能になりました。また医療機関の検索機能では、同サービスが利用可能な機関を地図上に表示する機能も実装されています。

同社は今後も、医療機関と患者の声を反映させる形で使いやすい『curon』を提供するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

『curon』アプリ版をリニューアル ~診療予約状況の把握・管理が容易に~ – 株式会社MICIN
https://micin.jp/news/6326

関連記事

  1. 症例報告スライド共有サービス「症例バンク」をリリース

  2. 富士通など、「4K8K高度映像配信システム」を活用したがん手術の実証実…

  3. メディカルフォース、自由診療特化クラウドの事前申し込みを受け付け中

  4. サスメドと日本ケミファ、ブロックチェーン技術を用いた臨床試験効率化を検…

  5. 往診サービス「コールドクター」、関西エリアでのサービス提供を開始

  6. 東京医科歯科大学医学部附属病院、オンラインセカンドオピニオン外来を開始…

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP