IT

サンテックMI、電子カルテのコストダウンを図る「スマートMIシリーズ」を発売

電子カルテ総合システムのコストダウンを図るシリーズ

サンテックMI株式会社(以下、サンテックMI)が、電子カルテのコストダウンを図る「スマートMIシリーズ」を発売していくと、8月5日に発表しました。

サンテックMIは医療システムの順次WEB化を進めていき、「スマートMIピクトグラム」や「スマートMI文書作成」、「スマートMI訪問診療」、「スマートMI電子カルテ」などシリーズ化し、「スマートMIシリーズ」として販売していくことを明らかにしています。

1製品あたり約60万円で導入しやすい価格設定に

これまでの電子カルテは価格が高く、総合システム化が難しい分野でしたが、WEB対応にすることでハード費用を大きく抑え、導入作業の工数も大幅な減少を実現。「スマートMIシリーズ」は1製品あたり約60万円で、導入しやすい価格設定になっています。

また、診療・看護・検査・リハビリなど多くの部門でデータ共有が可能。院内で作成される書式の入力フォーマットを全て提供し、データ連携がされているため、重複入力作業をする必要がありません。

さらにiPADやスマートフォンなどの端末カメラを用いて、直接画像登録ができるため、簡単にほかの施設からの書類や患者の部位などを写真で共有・確認が可能です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

サンテックMI株式会社
https://www.suntec-mi.co.jp/

サンテックMI株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000079436.html

関連記事

  1. LINE上で完結できるオンライン診療サービス、首都圏の一部医療機関で提…

  2. シェアメディカル、聴診可能なオンライン診療システム「ネクステート・シナ…

  3. 「Nutanix Enterprise Cloud OS」、電子カルテ…

  4. オンライン診療の普及ランキング、「スクエル」のミーカンパニーが発表

  5. 働く女性のためのトータルウェルネスサービス「Wellness for …

  6. ワークスモバイル、地域医療と介護事業者のマッチングプラットフォーム

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

PAGE TOP