IT

在宅医療専用スケジュール管理ソフト「CrossLog」が「homis」とAPI連携

クラウド型電子カルテ「homis」とAPI連携

クロスログ株式会社が在宅医療専用スケジュール管理ソフト「CrossLog」を、株式会社ヒューマンライフ・マネジメントのクラウド型電子カルテ「homis」とAPI連携したと、7月21日に発表しました。

「CrossLog」は、訪問診療サービスを提供するクリニックのスケジュール業務効率化を実現するソフトで、予定と地図と住所録を1つのシステムで管理し、訪問リストなどが多数の形式で自動出力されるため、業務負担を大幅に軽減します。

今回、在宅医療に特化して開発したクラウド型電子カルテシステムの「homis」とAPI連携したことで、診療スケジュール管理の簡素化や、診療スケジュールの作成を効率化できるようになりました。

診療内容や療養方針、対応ルールなどを整理して共有

「homis」は、在宅医療を行う「医療法人社団悠翔会」のMS法人である株式会社ヒューマンライフ・マネジメントが、在宅医療に特化して開発。主治医以外の医師にも、診療内容や療養方針、対応ルールなどを整理して共有できることで、24 時間対応の連続した在宅医療を少ない負担で実現できます。

複数のクリニックで連携するための情報共有や、訪問スケジュール管理など、在宅医療には欠かせない業務支援機能が搭載されています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

クロスログ株式会社 プレスリリース
https://crosslog.life/news-topics/posts/press-release/8

クロスログ株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000073292.html

関連記事

  1. 「kakari for Clinic」で「オンライン診療機能」を本格的…

  2. メディカルフォース、自由診療特化クラウドの事前申し込みを受け付け中

  3. メドピアが10月から退院支援サービス「YoriSoi」の提供を開始へ

  4. 往診サービス「コールドクター」、関西エリアでのサービス提供を開始

  5. 医療機関とDXサービス企業の出会いを支援するサイトオープン ̵…

  6. バッファロー、神戸協同病院のコロナ病棟に遠隔診療向けカメラを導入

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

アーカイブ

PAGE TOP