IT

薬局支援サービス「kakari」、スマホアプリのダウンロード数が30万件を突破

薬局の「かかりつけ化」を推進

メドピア株式会社は、2021年6月25日、同社が運営する薬局支援サービス『kakari』について、スマートフォンアプリのダウンロード数が30万件を突破したと発表しました。

同社は、医師12.5万人が参加するコミュニティサイト『MedPeer』の運営などを手がける企業。『kakari』は、患者の便利な薬局利用と、薬局のリピート顧客獲得すなわち「かかりつけ化」を推進するサービスとして、提供されています。

すぐに処方せん送信や薬の相談が可能

『kakari』は、「いつもの薬局を、あなたの“かかりつけ薬局“に」というテーマの下、患者と薬局の双方に向けて提供されているサービスです。患者に向けてはスマートフォンアプリ『kakari』を、薬局に向けては『kakari薬局システム』を、それぞれ提供。「かかりつけ化」を通じて、患者と薬局にメリットを提供しています。

スマートフォンアプリ『kakari』では、登録した薬局の情報がホーム画面いっぱいに表示され、患者はすぐに処方せん送信や薬の相談を行うことが可能です。薬局も、アプリを通じて簡単に患者へ服薬フォローを行うことが可能。服薬情報も一元管理され、オンライン服薬指導から決済までを完結させることもできます。

処方せん送信数も約1.4倍に増加

『kakari』は、2019年6月より提供が開始されました。以来、同サービスを構成するスマートフォンアプリ『kakari』では、UI/UXの改善を重ねユーザビリティを向上。その結果、加盟する薬局数は拡大し、アプリダウンロード数も30万件を突破するに至っています。

また同サービスは、20万ダウンロードを突破した2021年2月時点と比較した場合、1店舗当たりの処方せん送信数(週次)も約1.4倍に増加しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

かかりつけ薬局化支援サービス『kakari』、アプリダウンロード数が30万件を突破 – メドピア株式会社
https://medpeer.co.jp/press/9366.html

関連記事

  1. シェアメディカル、聴診可能なオンライン診療システム「ネクステート・シナ…

  2. ブリストル・マイヤーズ スクイブ、医療関係者向けツール「BMSウェブチ…

  3. アトピー患者向けアプリ「アトピヨ」、20000ダウンロード突破

  4. いえらぶパートナーズ、医師による時間外医療相談の無料提供を開始

  5. ネクイノ、婦人科特化型オンライン診察アプリから国内未承認ピルの情報を提…

  6. メドピアの「first call」、1件から依頼できるスポットオンライ…

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

PAGE TOP