AI

FRONTEOとシミックがパートナーシップを締結、AI医療機器の臨床試験効率化などへ

AI医療機器の臨床試験の迅速化・効率化へ

株式会社FRONTEO(以下、FRONTEO)がシミック株式会社(以下、シミック)と、AI医療機器の臨床試験の迅速化・効率化を目的としたパートナーシップを締結したと、5月19日に発表しました。

FRONTEOは「会話型 認知症診断支援AIシステム」をはじめ、精神疾患の診断支援AIシステムなどといった医療用AIの開発を進めています。中枢神経系領域のシステム開発支援やAI医療機器の開発支援などを行うシミックとパートナーシップを締結することで、AI医療機器の開発の迅速化や、成功確率の向上を目指します。

自由記述のテキストデータや言葉の使用傾向などを解析

「会話型 認知症診断支援AIシステム」には、FRONTEO独自の自然言語解析AIである「Concept Encoder」が採用されており、自由記述のテキストデータや発話内容・言葉の使用傾向などの解析が可能。医師と患者の日常会話から認知症のスクリーニングができます。

同システムは、専門医だけでなく一般医(家庭医)による使用ができ、遠隔診療などにおいての活用が可能です。

(画像は株式会社FRONTEO ホームページより)

▼外部リンク

株式会社FRONTEO プレスリリース
https://www.fronteo.com/20210519

関連記事

  1. FRONTEOの「Amanogawa」、湘南鎌倉総合病院に導入

  2. FRONTEOが慶應義塾とAI医療機器のグローバルライセンスに関する契…

  3. フィリップス・ジャパン、AI搭載型CTスキャナ「Incisive CT…

  4. 動作解析から関節リスクを判定。AIアプリ「Sportip Pro」、R…

  5. アドダイス、バイタル測定スマートウオッチを活用した実証実験を久万高原町…

  6. FRONTEO、AI医療機器「会話型認知症診断支援システム」の治験を開…

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

PAGE TOP