医療機器

SDKI Inc.がビデオ喉頭鏡市場に関する新レポートを発刊

市場規模が2023年までに353.2億米ドルに到達

SDKI Inc.がビデオ喉頭鏡市場の成長に必要な統計的や、分析的アプローチなどを調査した同市場に関する新レポート「ビデオ喉頭鏡市場 – 世界の業界分析、傾向、市場規模、および予測2025年」を、5月3日に発刊しました。

同レポートでビデオ喉頭鏡市場は、2019年から2025年までの予測期間中に、成長率5.5%になると予想。技術的に高度なビデオ喉頭鏡に対して、医療専門家の間で意識が高まっていることや、低侵襲医療処置に対する需要の高まりなどが、同市場の成長の推進要因だと考えられています。

しかし一方で、ビデオ喉頭鏡を用いた医療処置での合併症も確認されており、採用数が低下する可能性も指摘されています。

高齢者人口の増加などが起因となり北米が市場を支配

ビデオ喉頭鏡市場はタイプ別、エンドユーザー別、地域別にセグメントが分けられ、さまざまな要因に基づきサブセグメントとしてさらに細かく分類。タイプ別では「硬性喉頭鏡」や「直接喉頭鏡」、「間接喉頭鏡」に分類されます。

北米は高齢者人口の増加や、人口の高い支出能力が起因となり、世界のビデオ喉頭鏡市場の中でも支配的な地域になると考えられています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

SDKI Inc. Autonomous Vehicle Market
https://www.sdki.jp/

SDKI Inc.のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000356.000072515.html

関連記事

  1. CYBERDYNEの医療用HAL、シンガポール保健科学庁より医療機器の…

  2. オリンパス、2in1の胆管チューブステント「UMIDAS NB ステン…

  3. コロナ禍で需要急増の「OxiシリーズS-126」、量販店販売を再開

  4. 堀場製作所、自動血球計数CRP装置「Microsemi CRP LC-…

  5. 全自動電子駆血帯「マサキカフ」、新設計バックルなどを採用した新製品を発…

  6. SDKI Inc.が新レポート「減量手術装置市場 – 世界…

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

アーカイブ

PAGE TOP