IT

3Hクリニカルトライアルの臨床試験紹介システム「Insight Gateway」、運用を開始

国立がん研究センター東病院先端医療科で運用開始

3Hクリニカルトライアル株式会社(以下、3Hクリニカルトライアル)は、がん患者がオンラインで専門医に臨床試験について相談ができる臨床試験紹介システム「Insight Gateway」を開発し、国立研究開発法人国立がん研究センター東病院の先端医療科にて運用を開始したことを発表しました。

「Insight Gateway」は、3Hクリニカルトライアルとハッチヘルスケア株式会社が共同開発した臨床試験紹介システム。患者は、「Insight Gateway」に掲載されている臨床試験について、専門医に相談から来院予約まで、オンライン上で行うことができます。専門医は、受けた相談に対し、患者のプロフィールやアンケートの結果、チャットでのコミュニケーションなどをもとに臨床試験への適格性の判断や他の臨床試験の紹介などを行うことが可能です。

患者は、臨床試験紹介システムのチャットなどを活用して、参加を希望する臨床試験について専門医に直接問い合わせることができるため、医療施設に来院する前に、専門医が臨床試験参加の適格性を確認できます。また、専門医が、より適切と思われる臨床試験の紹介も行うので、がん患者が臨床試験へ参加できる可能性が広がります。

患者が医療機関に行く前に専門医が可不可を判断

2018年3月に厚生労働省から通知され、2020年8月に置き換えられた「治験の実施状況等の登録について」などの取り組みによって、がん患者やその家族など一般の人が、臨床試験の情報に接する機会が増えつつあります。

その一方で、臨床試験への参加には厳密な適格基準が設けられており、がん患者が自身で見つけた臨床試験に参加しようと医療機関に行っても、診察の結果参加できず、患者にとって負担となるという問題がありました。

こうした課題に対し、3Hクリニカルトライアルは、開発した臨床試験紹介システム「Insight Gateway」により、国立がん研究センター東病院の先端医療科で実施している臨床試験について、がん患者がオンラインで直接相談できる取り組みを開始したものです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

3Hクリニカルトライアル株式会社(PR Times)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000093.000013827.html

関連記事

  1. メディカルフォース、クラウド電子カルテ「medicalforce」の無…

  2. 「生活向上WEB」、コロナワクチン治験希望者が14000人突破

  3. 「Nutanix Enterprise Cloud OS」、電子カルテ…

  4. ニューハート・ワタナベ国際病院、ネットによる「Apple Watch外…

  5. LINEヘルスケアら、糖尿病の治療支援する「糖尿病@LINEヘルスケア…

  6. メドピアの「first call」、1件から依頼できるスポットオンライ…

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

アーカイブ

PAGE TOP