IT

クラスメソッド、ワクチン予約サイト運営の医療機関などにデジタル待合室を提供

既存サーバーに変更を加えることなくサービス利用が可能

クラスメソッド株式会社(以下、クラスメソッド)が、ワクチン予約サイト運営の医療機関などに、デジタル待合室サービス「Cloudflare Waiting Room」を無償提供していると、3月10日に発表しました。

「Cloudflare Waiting Room」の無償提供は、アメリカのCloudflare社と連携したことで実現。自治体・医療機関・その他関連する協力企業向けに、クラスメソッドがCloudflareのアカウント開設を行い、DNSを委譲することで既存サーバーに変更を加えることなく、同サービスの利用が可能です。

待ち時間の見積もり表示などでアクセスの繰り返しを防ぐ

ユーザーに対して待ち時間の見積もり表示や、順番が近づいた際の通知機能などもあり、アクセスの繰り返しや集中を防ぐことができます。

ワクチン接種の申し込みで、自治体・医療機関のウェブサイトへのアクセスが集中する際などにも、「Cloudflare Waiting Room」を導入することで、アクセス待機の順番管理が可能。現在、同サービスはワクチン提供サービス関連組織に限って提供されています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

クラスメソッド株式会社 プレスリリース
https://classmethod.jp/news/20210310-digital-wating-room/

関連記事

  1. 高血圧オンライン診療支援サービス、アドバンス健康経営プログラムに導入決…

  2. 電子カルテ「CLIUS」がクリニックEXPOに出展

  3. 「オンライン健康相談窓口」、ワクチン副作用関連の相談窓口を開設

  4. アルムが医療関係者間コミュニケーションアプリにWeb会議機能を搭載

  5. スマートMI、メディカルラボセンターによる医療モール支援システムの構築…

  6. 最先端VR解剖学で話題のBODY MAPが個人アカウントの販売を開始

最近の記事

PAGE TOP