IT

クラスメソッド、ワクチン予約サイト運営の医療機関などにデジタル待合室を提供

既存サーバーに変更を加えることなくサービス利用が可能

クラスメソッド株式会社(以下、クラスメソッド)が、ワクチン予約サイト運営の医療機関などに、デジタル待合室サービス「Cloudflare Waiting Room」を無償提供していると、3月10日に発表しました。

「Cloudflare Waiting Room」の無償提供は、アメリカのCloudflare社と連携したことで実現。自治体・医療機関・その他関連する協力企業向けに、クラスメソッドがCloudflareのアカウント開設を行い、DNSを委譲することで既存サーバーに変更を加えることなく、同サービスの利用が可能です。

待ち時間の見積もり表示などでアクセスの繰り返しを防ぐ

ユーザーに対して待ち時間の見積もり表示や、順番が近づいた際の通知機能などもあり、アクセスの繰り返しや集中を防ぐことができます。

ワクチン接種の申し込みで、自治体・医療機関のウェブサイトへのアクセスが集中する際などにも、「Cloudflare Waiting Room」を導入することで、アクセス待機の順番管理が可能。現在、同サービスはワクチン提供サービス関連組織に限って提供されています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

クラスメソッド株式会社 プレスリリース
https://classmethod.jp/news/20210310-digital-wating-room/

関連記事

  1. CambrianRobotics、AC&Mと医療機関向けモニタリングシ…

  2. グッドツリー、「ケア樹」と「オムロン血圧計」のデータ連携を実現

  3. AICSなどによる電子カルテ向けのAIソフトウェアアプリケーションが賞…

  4. アドバンスト・メディア、医療向け音声入力システムに新機能「声マウス」を…

  5. ファインデックスが大規模病院向けのオンライン診療サービスをリリース

  6. グループやイベントでの体温管理を簡易化する「体温ダイアリー」提供開始

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

PAGE TOP