IT

ファストドクター、新型肺炎の自宅療養患者にパルスオキシメーターを無償貸与

血中の酸素飽和度の計測、24時間体制のモニタリングを

ファストドクター株式会社(以下、ファストドクター)が、新型コロナウイルスの陽性若しくはその疑いがあり、自宅療養をする患者に対してパルスオキシメーターを無償貸与する取り組みを開始したと、1月29日に発表しました。

ファストドクターが今回、血中の酸素飽和度の計測ができるパルスオキシメーターを自宅療養中の患者に無償提供、酸素吸入が必要になった場合には、最短30分で酸素投与ができる24時間のモニタリング体制を確保します。

必要時にはオンライン診療、処方薬の最短即日配送も

今回のモニタリング体制の強化は、自宅療養者へ向けたフォローアップ体制強化に向けた取り組みの1つです。

新型コロナウイルスの感染拡大の第3波が本格化して以降、自宅療養者が増加し、入院待機中の症状悪化や死亡するケースも増加してきています。そのため同社はこれまで以上に手厚いフォローアップが必要になると考え、今回のパルスオキシメーターの無償貸与を開始しました。

これまでは医師直通のホットラインで24時間相談ができるほか、必要時には必要時にはオンライン診療が受けられ、処方薬も最短で即日配送されてきました。これに血中の酸素飽和度の計測と、異常が見られた場合に迅速に酸素投与できる体制が確保され、より患者が安心して自宅療養できるようになっています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ファストドクター株式会社
https://fastdoctor.jp/

ファストドクター株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000031533.html

関連記事

  1. グループやイベントでの体温管理を簡易化する「体温ダイアリー」提供開始

  2. メドレー、沖縄県与那国町などによるオンライン診療実証事業に協力

  3. ネクイノ、婦人科特化型オンライン診察アプリから国内未承認ピルの情報を提…

  4. コントロールテクノロジー、「RESERVA」に「接種券番号での対象者検…

  5. 健康情報を医師と利用者が共有できるアプリ「HOSPILINK」提供開始…

  6. 日本IBMなどが、医療AIサービスのさらなる普及・発展に向けてHAIP…

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

PAGE TOP