医療機器

シーメンスヘルスケア、AI画像解析ソフトウェア「AI-Rad Companion」に3製品を追加

AIを活用した画像解析サポートを大幅に強化

シーメンスヘルスケア株式会社(以下、シーメンスヘルスケア)は、AI技術を用いた画像解析ソフトウェア「AI-Rad Companion」の新たなシリーズとして、3つのソフトウェア「AI-Rad Companion Brain MR」、「AI-Rad Companion Prostate for Biopsy」、「AI-Rad Companion Organs RT」の医療機器認証を取得したことを発表しました。

「AI-Rad Companion Brain MR」は、頭部MR画像から脳の各部位を自動的にセグメンテーションし、部位ごとにノーマルデータベースと比較することにより、異常のリスクを解析結果画像と定量レポートとして提供するもので、アルツハイマー型認知症やパーキンソン病等のリスク評価に活用することを想定しています。

「AI-Rad Companion Prostate for Biopsy」では、MR画像から前立腺のセグメンテーションを自動的に行い、前立腺の体積を自動計測、その結果の画像上の病変部をマークし、マークされたデータを超音波画像診断装置に送信することにより、超音波を用いて生検を行う際に補助的なツールとして活用することができます。

「AI-Rad Companion Organs RT」は、CTによって撮影された臓器の輪郭を自動的に描画する機能を持ち、これにより臓器の自動セグメンテーションを行うことが可能となります。

CT画像による解剖学的データセットに対応しているため、事前に構成された各臓器のテンプレートに基づき輪郭を描画することができ、放射線治療計画のワークフローをサポートします。

肺密度計測、部位体積や平均CT値計測が可能

また、現在、「AI-Rad Companion Chest CT」を用いた胸部CT画像AI解析受託サービスで提供している「肺結節検出」「肺実質の計測・表示」「心臓容積」「冠動脈カルシウム計測」「大動脈計測」「胸椎骨計測」に加え、肺密度計測が可能となる「Pulmonary Density」機能を新たに追加しました。

「Pulmonary Density」は、胸部CT画像から肺および各肺葉を自動的にセグメンテーションし、肺領域、片肺、各肺葉という各部位において肺密度計測を行い、肺密度が高い部位の体積、各部位での割合および平均CT値の自動計測を行います。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

シーメンスヘルスケア株式会社 プレスリリース
https://www.siemens-healthineers.com/

関連記事

  1. ティアック、4Kメディカルビデオレコーダーを発売

  2. SDKI Inc.が気管切開製品市場に関する新レポートを発刊

  3. SDKI Inc.が医療機器メンテナンス市場に関するレポートを発刊

  4. オリンパスが高周波焼灼電源装置「ESG-150」を発売

  5. SDKI Inc.が新レポート「外科用開創器市場 – 予測…

  6. インジケーター自動検査アプリ「クラウドインジケーター」、各メーカーに対…

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

PAGE TOP