IT

デジタルリテラシーに左右されない、医療業界特化のオンライン講演会プラットフォーム

オンライン講演会プラットフォームを製薬会社に導入

メディカルテクノロジーズ株式会社(以下、メディカルテクノロジーズ)が、「ドクターのための講演会プラットフォーム」を開発し、製薬会社2社に導入したと1月21日に発表しました。

「ドクターのための講演会プラットフォーム」は、デジタルリテラシーに左右されることなく、医療業界の誰もがオンライン講演会の運営・実施ができるようになるプラットフォームサービスです。

メディカルテクノロジーズは、新型コロナウイルスの感染拡大により、医療従事者向けの講演会や学会、セミナーなどもオンライン化する必要性があると考え、製薬会社2社へのサービス提供に至りました。

医療機器メーカーや医療機関などにも導入を推進へ

同プラットフォームでは、オンライン講演会などの会場や機材の手配、当日の運営、アフターフォローなどを運営事務局がサポートするほか、製薬・医療機器メーカーの講演会のサポート実績を活かして、業界特有のニーズを分析・把握し、プロデュースも行います。

メディカルテクノロジーズは今後、医療機器メーカーや医療機関などへの導入も進め、医療業界のDXによって様々な課題解決に寄与していく意向を示しています。

(画像はメディカルテクノロジーズ株式会社 ホームページより)

▼外部リンク

メディカルテクノロジーズ株式会社
https://www.medicaltech.co.jp/

メディカルテクノロジーズ株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000064518.html

関連記事

  1. シェアメディカル、聴診可能なオンライン診療システム「ネクステート・シナ…

  2. MICINのオンライン診療アプリ「クロン」、医療機関の検索機能を追加

  3. 「kakari for Clinic」で「オンライン診療機能」を本格的…

  4. コントロールテクノロジー、「RESERVA」に「接種券番号での対象者検…

  5. ネクイノ、コロナワクチン接種予約・管理アプリを自治体に無償提供

  6. 広島県「新たなビジネスモデル構築支援事業」、在宅向け睡眠見守りシステム…

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

アーカイブ

PAGE TOP