AI

ピースウィンズ・ジャパン、福祉施設向けの感染症対策支援ツールを公開

感染症対策についてAIチャットボットが自動回答

認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン(以下、ピースウィンズ・ジャパン)が、福祉施設向けに新型コロナウイルス感染症対策支援ツールを公開したと、12月28日に発表しました。

ピースウィンズ・ジャパンの空飛ぶ捜索医療団「ARROWS」は、広島県において全国3位の医療崩壊の危機が迫っていることを受けて、医師・看護師を含む緊急支援チームを派遣。クラスターが確認された複数の福祉施設で、診療補助やゾーニング指導などを行っています。

今回、感染管理に関する不安や疑問が多く上がっていることから、随時回答ができるようにAIチャットボットをピースウィンズ・ジャパンのホームページに設置しました。

AIチャットボットで解決できない場合は医師に相談可能

同AIチャットボットは、「分厚いマニュアルを読む時間がない」や「医療機関での経験に基づいた確かな情報を探している」などといった人に最適なツールで、福祉施設向けに実施してきた感染対策研修で寄せられた現場からの疑問にも回答できます。

また、同AIチャットボットで解決できない場合は医師に直接相談することが可能です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン
https://peace-winds.org/

認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパンのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000108.000035080.html

関連記事

  1. アストラゼネカとUbie、慢性閉塞性肺疾患と慢性心不全のAI問診で協業…

  2. Ubieの「AI問診ユビー」、導入した医療機関数が400以上に

  3. スキルアップAIがNVIDIA監修の医療AI講座を開発、提供開始

  4. 医療AIプラットフォーム技術研究組合、医用画像会社と連携した医療AIサ…

  5. Ubieの「AI受診相談ユビー」、月間利用者数が100万人以上に

  6. FRONTEO、「AI×医療」をテーマにする情報発信サイトを開設

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP